2020年オリンピックに向けて、英会話習得を今からはじめよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Language Boostの講師、谷口です。

前回の記事【オンライン英会話を活用する正しい利用方法】でも予告しましたが、第11回目は、【2020年オリンピックに向けて、英会話習得を今からはじめよう!】お話しをします。


 

 2020年の東京オリンピックの、大会ボランティアに募集された方はいらっしゃいますか? 

 

当校にはオリンピックに合わせて入学される生徒さんがいらっしゃいます。

 

その方たちは、英語を実際にボランティアで使われる方から、英語を使わない業務の方からそれぞれです。

 

 

オリンピックに向けて、そしてもちろんオリンピックの期間中もですが、日本で見る外国人観光客の増加が見込まれます。

 

それに感化されて【道案内くらいできるようにしておこう!】と入学された方もいらっしゃいました。

 

 

しかし、そういった方だけではなく、お店を経営していたりする方は英語人材を雇うより、オリンピックに向けて徐々に英会話習得をされている方も大変増えた印象です。

 

今日は、オリンピックに向けて英会話習得をすると理由をお話します!

 

 ☆まずは、オリンピックによる外国人観光客の増加がどれくらいなのかを見ていきましょう!! 

 

【2020年に予想される外国人観光客】

 

2013年に東京オリンピック開催が決まってから、日本政府は2020年の訪日観光客数の目標は2000万人、訪日外国人旅行消費額は4兆円を掲げていましたが、2020年の「訪日観光客の目標数」を2016年の時点で突破し、改めて2016年3月訪日観光客数の目標を4,000万人、訪日外国人旅行消費額は8兆円と掲げました。

 

 ちなみにこの数字は、前回の目標数値の2倍となる目標です。 

 

☆これだけの観光客が予想される中、肝心の、大会ボランティアの募集人数はどのくらいなの?

 

東京2020大会のボランティアは、東京2020組織委員会が募集する8万人の大会ボランティア、東京都が募集する3万人の都市ボランティア、さらに競技会場が所在する自治体が募集する都市ボランティアを合わせて11万人以上の活躍を想定していま

https://tokyo2020.org/jp/より引用

 

さすが、オリンピックです。

 

半端じゃない人数のボランティア数です。

 

でも、オリンピックに参加したいと思っている人には朗報ですよね!!

 

オリンピックのボランティアにおける英語力はどのくらい必要なの?

 

やっぱり、世界的なイベントだし、英語って必須なのかな、、、そう思っているあなた!以下が募集して頂きたい人とのことHPで以前募集がありました。

 

積極的に応募していただきたい方

  • 東京2020大会の大会ボランティアとして活動したいという熱意を持っている方
  • お互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したい方
  • オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
  • スポーツボランティアをはじめとするボランティア経験がある方
  • 英語、その他言語および手話のスキルを活かしたい方

 

やはり、英語が使える方は、積極的に募集していただきたい方に入ってますね!

 

それだけ英語は必ずこのイベントに「必要」なスキルとなってくるでしょう。

 

すでに英語を使わない業務にボランティアで参加される方も、必ず英語が喋れるだけで「英語やっててよかった!」と思える瞬間は少なくないと思います。

 

さっそくの本題、オリンピックに向けて英語を習得するメリット

 

 

オリンピックでは世界各国の方が来ます。

 

自分は英語を使わないスタッフだから関係ないや!とはならないと思います。

 

もちろん英語ができるスタッフがいらっしゃるかと思いますが、「トイレってどこですかね?」「〇〇までの行くにはどうやって行けばいいんですかね?」という一言が近くのスタッフに聞ければ、助かると思いませんか?

 

もし自分が全くその言語がわからない土地に行って、すぐ近くに自分の言語がわかる人がいるだけで「よかった!」そう思いませんか?

 

また、オリンピックには様々な国の人たちと交流することができますが、英語ができるというだけでその幅は広がります。

 

 

オリンピックによる外国人観光客増加による、英会話そのものの需要

 

 

今や世界中の4人に1人が英語をしゃべる世の中です(※世界の英語人口に関する記事はこちら)。

 

英語ができるだけで、仕事の幅が広がります。

 

これは個人事業主をしている方も同様、外国人のクライアントやお客さまが増えてくるのは間違いないです。

 

でもいざとなって英語ができないってことだと、何かと不便です。その時に備えて英会話学習をはじめましょう!

 

英語で道を聞かれた、駅までの行き方を聞かれた、困っている外国人がいるのに、簡単な英語すら出てこない。。。

 

いま少しでも、英語を話せたらなぁと思っている人は、英会話学習を始めてください。

※少しでも勉強したいと思っているなら早く始めるべき理由の記事はこちら

 

もし、なんか違うなと思ったら、別にやめちゃえばいいんです。

 

でも勉強をしてみないと、楽しさも興味もどれくらいあるのか未知数です。

 

何事も経験です。このオリンピックを機会に新しい扉を開いてみましょう!

 

当校では来年のオリンピックに合わせて、短期集中で英語習得をするためのコース:60-DAY-CHALLENGE for オリンピックを始めました!

 

短期間集中でオリンピックまでに英語をのばしたい、そう思っている方のためのコースです!

 

もしこのオリンピックに合わせて英会話の学習をちょっと始めてみたいな!

 

そんな人が短期間集中で一気に英語の力を伸ばすためのコースです!

 

 

オリンピックに合わせて海外を視野に入れてビジネスを展開したい!

 

 

 

最近は個人事業主の方の入会が増えています。

 

皆さん、オリンピックに合わせて海外のビジネスのニーズが大変増えているとおっしゃっています。

 

今後こう言った傾向はどんどんみられてくるかと思います。

 

すでに「海外」を視野に入れているのであれば、英語は必須です。

 

1年から3年の間に、海外事業への展開を考えているのであれば、今こそアクションをとるときなのではないでしょうか。

 

当校のプログラムは最短2か月で必ず聞こえるを実感していただけるプログラムとなっていますので、一度短期で一気に英語を鍛えたいと思われている方にピッタリのコースです。

 

 

当校の生徒さんの口コミはこちら

当校の生徒さんのインタビューはこちら

 

まずは当校の無料体験レッスンから

 

オリンピックが近づくにつれて、外国人の方を目にする機会もだいぶ増えたのではないでしょうか?

 

今後より一層英語を使う機会は多くなってくると思います。

 

当校は【以前から英語を勉強してみたかったけどきっかけがなかった】

 

そんな人のために、短期集中で英語習得をするためのコース:60-DAY-CHALLENGE for オリンピックを始めました!

 

通常当校のレッスンはビジネスパーソンが短期で一気に英語を伸ばすプログラムです。

 

しかしオリンピックに向けての学習はビジネスシーンとは単語や使われるシーンが異なります。

 

より簡単な英語の会話を瞬発的に、短いセンテンスでもしっかりと聞き取れる能力を付けるためのコースです。

 

短期間集中でオリンピックまでに英会話の学習をちょっと始めてみたいな!そんな人にピッタリのコースとなっています!

 

まずは当校の無料体験レッスンで、現在のレベルをチェックさせていただきます。

 

そのうえで、現在の課題を明確にし、今後の学習のススメ方を決めます。

 

まとめ

さて、今回は「2020年オリンピックに向けて、英会話習得を今からはじめよう!」でしたがいかがでしたか?

オリンピックに向けて短期集中で英語のベースを伸ばして簡単な会話はできるようにしたい!そんな方は一度お問い合わせください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

会議で出てくる英語の数字がわかるようになる方法をお話しします!

勉強すると脳は成長し変化する!

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~①目標の設定~

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~②実際にPDCAを回していく~


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加