上尾駅からの生徒さんが増えています:英会話中級者が英語を効率的に伸ばす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

232回目のブログは、【上尾駅からの生徒さんが増えています:英会話中級者が英語を効率的に伸ばす方法】のお話をしようと思います!


 

英語を学習し続けていくと、様々な段階で、その段階ごとの悩みに直面するかと思います。

 

当校は短期専門の英会話教室ですが、入会者は【英会話学習の初心者】から【TOEIC900点以上】の方までそれぞれです。

 

最近ではさいたま市で短期専門で英会話教室を提供しているスクールが限られているので、上尾のほうからも生徒さんがいらっしゃってくれています。

 

当校は完全マンツーマンのレッスンですので、マンツーマンだからこそできる、それぞれレベルの異なる各生徒さんに適した「最も効率のいい学習方法」を導入し、最短で英語を伸ばすためのスクールです。(→ 上尾駅から直通17分・浦和駅から徒歩2分で来られる短期集中型英会話である当校の詳しいご案内はこちら)。  

 

当校は幅広い生徒さんがいるので、「各レベルで感じる不安感」や「各レベルにおける最善の成長方法」を提供していますので、生徒さん毎にレッスンの進め方や教材を変えたりします。

 

 英語を効率的に習得するには、段階ごとに学習方法を変えたほうが絶対に効率がいいです。 

 

今回は、もっとも多い入会の生徒さんのレベルであるTOEIC600点前後の「中級の英語習得者のレベルを効率的に上げる方法」をお話ししようと思います!

 

英語中級者が伸び悩むのは大きく分けて3つの理由

 

 

中級レベル(大体TOEIC600点前後)の方が英語が伸びない!と感じられるケースは大きく分類して3つあります。

 

①英会話スクールにいって、それだけで満足する

 

英語を伸ばそう!そういう気持ちはきちんとあり、スクールにも継続的に3年以上通っている。

 

それなのに、伸びない。

 

TOEICの点数は600点以下で、英語の基盤がまだできていない方に多いです。

 

②人気の英語の教材は全て家にあるのに、1冊もしっかりと読み終えたことがない

 

教科書ばかりどんどん増えていくのに、まったく知識として吸収できていない。

 

教科書を買って満足をしてしまっているパターン。

 

ごくたまに、専門書をかっているから【やっている】と勘違いしているケースもある。

 

③英語を頑張って勉強しているが、「今やるべき勉強をおこなっていない」

 

例えば、英語中級の人が「もっと語彙力を増やして表現力を強化したい!」と思っているのに、簡単な教材で練習をしすぎて「新しい単語」や「様々な表現」を学習しないパターン。

 

つまり本来力を注ぐべきセクションへの圧倒的なインプット不足。

 

 

 この3つの共通点は「適切な学習」を「適切な時間」行っていないという単純な理由です。 

 

つまり、「適切な学習」を「適切な量」行えば英語は伸びます。しかもそれをしっかりと忠実に行えば、短期間で成長させることさえ可能です。

 

では実際にどうやって学習を進めていくべきかをお話しします。

 

①インプットとアウトプットのバランスを考える

 

 

 成長が滞ってしまう英会話の中級者とある程度上級者にみられる共通点は、「インプット量の不足」です。 

 

第二言語における学習効率は、まだ研究段階であり、明確に「これをしたら絶対に伸びる」という方法があるわけではありません。(仮説はいくつかありますが)。

 

しかし、学習効率を上げる方法の一つに、インプット量とアウトプット量のバランスを7:3にするといいといわれています。

 

つまり、7割インプット(構文や語彙力強化レッスン)+3割のアウトプット(実際の英会話レッスンや瞬間英作文等)にするともっとも効率よく習得できるといわれています。

 

私自身もそれには賛成です。

 

やはりアウトプットだけですと、毎回同じような言い回しになってしまいますし、語彙力があまり強化されません。

 

積極的に自分のレベルよりも、一歩先の少し難し教材を、読んだり聞いたりして、「こんな表現もあるんだ」と認識し、積極的に吸収していくことで伸ばすことができるのです。

 

今あなたが「成長が実感できない」のあれば、インプット量を増やすだけでだいぶ変わるかもしれませんよ!

 

②見逃しがちな発音の訓練

 

 

意外とないがしろにされる発音の矯正ですが、発音をよくするだけでリスニングが短期で一気に上がる例をいくつも見てきました。

 

リスニングと発音矯正にどんな共通点があるのか?

 

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

 基本的に「自分が発音できないものは聞こえない」のです。 

 

※まれに聞こえるのに全く発音できないケースもありますが。

 

TOEIC900点以上あっても、TOEICで流れてくるスピーチの5割程度しかわかっていないということはよくあります。

 

つまり「何となく」内容を理解している状態です。

 

これはよく言われるTOEICの点数がいいからと言って、英語がしゃべれるわけではないといわれる理由の一つですね。

 

なんとなく理解できるのは「聞こえる主要な単語」を拾い上げて予測していることが考えられます。

 

しかし細かなところまで理解できるかチェックすると、実は前置詞や時制がしっかりと取れていないなんてことがよくあります。

 

しっかりとネイティブの発音をしっかりと再現できるようになることで、短期間で「留学した際の聞こえる!」という感覚が日本でも作れるんです!!

 

この【発音矯正】にぴったりの練習がシャドーイング練習です。

 

このブログにもシャドーイングの練習法を載せているのでぜひ読んでみてください。(簡単に英語を伸ばそう!シャドーイングってどうやるの??

 

③知っている単語と使える単語の違いをしっかりと認識する

 

 

意外と知っている単語や言い回しをしっかりと【インプットしている】と思い込んでしまっている場合があります。

 

例えば、リーディングで【何となく意味を把握している単語】や【言い回し】です。

 

何となく【意味理解】している単語は、ご自身の英語として使えますか?

 

リスニングをしたときに【意味理解】できますか?

 

一番大切なのは、見て理解できるだけではなく、自分で使えるようになるまでを【インプット】と認識することです。

 

なかなか定着しない単語や言い回しは、様々なフレーズで【こんな風に使うんんだ!】と頻繁に【見たり】【聞いたり】【使ったり】することで定着します。

 

多読や多聴が大切といわれる理由は、【何度も目撃】することで、徐々に定着していくからです。

 

 

☆英会話中級者が英語を効率的に伸ばす方法のまとめ☆

 

以下の3つを意識して学習を進めてみてください!

 

①インプットとアウトプットのバランスを考える

学習はインプット7割、アウトプット3割を意識して学習を進める

 

②発音の訓練を意識する

シャドーイングやディクテーション練習を学習プロセスに入れる

 

③単語を使えるレベルまでインプットすることを意識する

視覚で理解している単語でも、使えない(インプット)で使えないのであれば何度もその単語が出ている教材をつかって【音読】練習をしましょう!

 

この3つの学習法を取り入れることで、英会話中級者が英語を効率的に伸ばすことができます。

 

 

効率的にインプット量を増やし、適度にアウトプット練習ができるのが当校

 

 

従来の英会話教室は、「とにかくアウトプットメイン」の学校が多いです。

 

しかし、頭にインプットされた情報がなければアウトプットなんてできません。

 

アウトプットして英語を伸ばす方法もありますが、時間がかかります。

 

なぜかというと、アウトプットでインプットを学習できる量は限られてくるからです。

 

どうしても<アウトプット好きの英会話学習者>の方は、インプットを嫌う傾向があります。

 

しかし、しっかりと英文を読めるようになれば英語を読むこと、インプットすることに面白さを感じられます。

 

当校は第二言語学習得において、効果の高い学習方法をバランスよく導入し、生徒さんそれぞれの課題にあったレッスンプログラムで進めていきます。

 

基本的に上記の3つの学習法を【適切】に取り入れることで、だいぶ効率的に学習効率を上げることが可能です。

 

ですが、これを【適切な部配分】で【適切な量】行うバランスが結構難しいです。

 

しっかりと英会話習得の専門の誰かに自分が正しくできているか見てもらいながら、会話自体も見てもらいたいという場合。その両方ができるのが当校です。

 

短期専門のスクールはどうしても<インプット>がメインになってしまうスクールが多いですが、当校ではしっかりとアウトプット練習を行っていただき、しっかりと「聞こえる・しゃべれる」を実感していただけるプログラムになっています。

 

また、一人の講師が専属となるスクールは、短期集中のスクールだとあまりありません。

 

場合によっては担当者が変わったり、その際に「やりにくいな」とおもってもなかなか言い出せない。そんなことも大手のスクールではあると思います。

 

しかし、当校では完全に1名の講師があなたの担当となって、すべての学習プロセスをサポートし、しっかりと成長をマネジメントします。

 

特に伸び悩みを感じる英語の中級者の方たちの、課題や弱点には「共通性」があります。そこを当校はしっかりと認識して、課題を克服するための「ノウハウ」もあります。

 

レッスンはあなたの課題だけにフォーカスした、あなただけの完全オリジナルのレッスンとなります。

 

 現在英語に伸び悩みを感じている英語中級者の方で、効率的に英語の習得をされたい、アウトプットの効率を上げたい、そう思われている方にピッタリのスクールです。 

 

まとめ

さて、今回は「上尾駅からの生徒さんが増えています:英会話中級者が英語を効率的に伸ばす方法」でしたがいかがでしたか?

あなたが英会話中級者で英語を効率的に伸ばしたいと考えていて、特に上記の3つの項目を講師の側に意識してもらいながら指導してもらいたいという場合。上尾駅から20分で来られる当スクールの詳しいご案内をこちらでご覧ください<(_ _)>

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

勉強すると脳は成長し変化する!

3年後の自分を変えるのは、「今」の自分の行動

英語を頑張って勉強しているのに成長を実感できない方へ(60-DAY-CHALLENGE詳細)


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加