会社で毎日英語を使っているのに英語が伸びないと悩んでいるビジネスパーソンへ(浦和駅から徒歩3分)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

287回目のブログは【会社で毎日英語を使っているのに英語が伸びないと悩んでいるビジネスパーソンへ(浦和駅から徒歩3分)】のお話をしようと思います!


 

これからご自身のキャリアアップのために英会話を習得しよう

 

そう思われている方の多くは

 

すでに会社で英語を使われている方も少なくないと思います。

 

会社で英語を使っているのにも関わらず、

 

今あなたは【会社で毎日英語を使っているのに英語が伸びない】

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

 もしかしたらあなたは【あなたにあった学習を取り入れて学習ができていないのかもしれません】 

 

今後しっかりと成長をするための英語の学習法を身につけたいのであれば

 

英語を習得する際に【どう勉強をするべきか】をしっかりと身につけることで

 

効率的かつ、継続的に英語を伸ばしていくことが可能です。

 

今回は、頻繁に英語を使う機会があるのにいまだに伸びない英語をどう克服していくかのお話しをします!

 

どこに弱みがあるのか?そして早急にどこを伸ばしたいのかを自分自身が把握する

 

 

英語の学習に関して、【自分のレベルを把握すること】が無視されがちです。

 

それは決して今あなたはここが弱いからここを鍛えるという点だけが

 

自分のレベルを把握することではないのです。

 

人によっては、レベルとしてはまだ足りないことがあっても

 

生徒さんの特性によって学習するプロセスを変えることも【勉強の効率を上げる】ヒントになります。

 

例えば

 

同じ英語の(レベル)として分類されている人たちでも

 

①聞き取りのセンスがある人(聴覚での情報処理を優位に行う人)

 

②視覚的な情報が入ると理解力や記憶力が一気に上がる人(視覚での情報処理を優位に行う人)

 

③両方のバランスをうまく活用している

 

こういった3名のことなる生徒さんがいらっしゃる場合、学習するプロセスは変えたほうが確実に学習効率は上がります。

 

ただここまで個人の生徒さんに合わせられるレッスンが組めるのは、マンツーマンの授業でしかできないのです。

 

グループレッスンとなると、全体の生徒さんがある一定の成果を期待できるようなプログラムとなるため

 

個人の生徒さんの強みを強化するためのレッスン内容にすることはとても難しいです。

 

当校のレッスンは完全マンツーマンにしている理由がそこで

 

確実に短期で英語を伸ばそうと思った時に

 

グループレッスンではその人の最大の成果を出すことは無理だと思ったからです。

 

もしあなたが今会社でも英語を使っていて

 

なおかつ英会話教室に通っているにも関わらず

 

英語が伸びていない状況であるのであれば

 

自分が伸ばすべき学習法は何なのか?を分析するために

 

ご自身の弱み・強みを分析し、英語のレベルを把握し

 

それに合わせた学習を行っていくことをお勧めします。

 

しかし具体的にどのように学習を進めればいいのか?

 

そういった疑問が残ると思いますので、

 

以下で詳しく説明していきます。

 

自分の強みを生かした学習法とは?

 

 

上記の例でお話ししたような、情報処理をする際にどこに優位性をもっていくかという

 

人それぞれ異なる特性があります。

 

これを【認知特性】といいます。

 

この認知特性には主に3つに分類され

 

①聞き取りのセンスがある人(聴覚での情報処理を優位に行う人)

 

②視覚的な情報が入ると理解力や記憶力が一気に上がる人(視覚での情報処理を優位に行う人)

 

③口に発した言葉を処理するのが得意な人(言語での情報処理を優位に行う人)

 

そういった極端に聴覚や視覚を優位にとっている生徒さんもいらっしゃいますが、結構稀ではあります。

 

ほとんどの方が

 

③それぞれのバランスをうまく活用しているひと

 

ではあります。

 

しかしその中でも聴覚よりだったり、視覚よりだったり、言語よりだったりということはあるのです。

 

こういった傾向は、当校のレッスンを通して行っていくと

 

生徒さんんそれぞれの特徴としてあらわれてきます。

 

例えば、言語での優位性が高い人は、スクリプトを読んだ情報は沢山覚えられるのですが、

 

英語を聞いたり、視覚的に見ることで得た情報はあまり覚えらないようなことが起こります。

 

 こういった場合、優位性である言語での学習プロセスを活用することでよりスムーズに暗記や単語・構文の定着ができるのです。 

 

 

自分の強みや、英語の現在のレベルがわからない場合は?

 

 

色んな英会話教室に行って無料体験レッスンを受けることも手段の一つです。

 

そこでチェックしていただきたい点は

 

①自分の現在の弱みとその克服方法

 

※自分の弱みをどのように克服すればいいのかわかっていないと、学校に行く必要はありませんね。

 

②講師はどんな人になるのか

 

※講師はなるべく同じ人(もしくは2名体制)が最低半年見てくれる場所をお勧めします。

なぜかというと同じ講師が生徒さんを見ていくことで、長期的な学習プランが立てられるからです。

また成長も細かく見れることで、どこが伸びどこが伸びていないのかが明確になります。

 

③自分の目標に対してどんな対策をしてくれるのか

 

※自分の目標が1年後にTOEIC●●●点であればそれに対しての対策がどうとれるのか?

自分の目標が会社のプレゼンで聞き取りを8割までもっていきたいと思っているのであれば、それに対してどう対策をしてくれるのか?

自分にあった学習プランをきちんと立ててくれるのか?を明確にしてもらい、できないということであれば他の学校を探しましょう。

あなたにあった学校があるはずです。

 

この3点を聞きましょう。

 

当校の体験レッスンでわかること

 

 

当校のプログラムは基本的には2か月の短期集中コースです。

 

2ヵ月間週2回来ていただくことで、確実に成長を実感していただくプログラムとなっています。

 

実際の生徒さんインタビュー記事

 

グーグルでの生徒さんのクチコミ

 

短気集中で英語を伸ばすには、まずはあなたの【課題発見】と【その課題への適切なアプローチ】が必須です。

 

この分析をまずは体験レッスンで分析します。

 

その後レッスンを通しての成長に合わせて学習方法も変えていきます。

 

基本的には短期で一気に聞こえる耳を作り出します。

 

その後徐々にスピーキングのプロセスに入っていきます。

 

もしあなたが現在英語の伸び悩みを感じているのであれば

 

当校でしっかりとあなたにピッタリのあなただけにあった学習プロセスを導入することで

 

最短で今伸びない状況を、ぜひ打破していただければと思います!

 

まとめ

さて、今回は「会社で毎日英語を使っているのに英語が伸びないと悩んでいるビジネスパーソンへ(浦和駅から徒歩3分)」でしたがいかがでしたか?

最短で今の伸び悩みを解消したいと思われた方は、60-DAY-CHALLENGEのこちらのコースがおススメですのでぜひ読んでみてくださいね!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

会議で出てくる英語の数字がわかるようになる方法をお話しします!

勉強すると脳は成長し変化する!

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~①目標の設定~

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~②実際にPDCAを回していく~

英語を勉強すると、前頭葉が刺激され、若返り効果がある。Language Boostで脳を若返らせる英語学習をしよう!


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加