Language Boostで英語を学ぶと、どう変わるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

195回目のブログは、【Language Boostで英語を学ぶと、どう変わるのか?】のお話をしようと思います!


当校は、ビジネスパーソンが使える英語をどんどん吸収し、しっかりと聞けるしゃべれるを実感できるプログラムとなっています。

 

浦和、大宮近辺にはいろんな英会話学校がありますので、今回はLanguage Boostが他の学校との違う点と、特徴をお話ししようと思います!

 

現在英会話学校を検討されている方は、Language Boostに通うと自分がどんなふうに変わるのか?がわかればいいなと思います☆

 

実際の当校の生徒さんの声はこちらのインタビューをご覧ください。

Googleのコメントはこちらをご覧ください。

 

60日間の16回のレッスンで、かならず「聞こえる!」を実感できる

 

当校に通っていただく生徒さんは英会話を今まで学んだことのない方から、実際に仕事の現場で通訳として活躍していらっしゃる方までたくさんの方がいらっしゃいます。

 

つまり、生徒さんによって英語が「聞こえない」のレベルはそれぞれです。

 

当校のレッスンは完全にマンツーマンのプログラムとなっており、生徒さんそれぞれのレベルにあったクラスの内容となっています。

 

しかも「聞こえない」のを、「聞こえるようにする」には、生徒さんの「何が聞こえないのか」によってレッスンの進め方が異なります。

 

例えば、英語の初心者の方が英語が聞こえない、聞き取れない理由はほとんどの場合「自分が思っているネイティブの英文の音」と「実際にネイティブが話す英文の音」に差があります。

 

この【差】を埋めることで、まずは聞こえるベースを作ります。

 

例えば、単語単位のお話しで説明をすると、Appleという単語を<アポゥ>という発音ではなく<アップル>という発音で意味を認識していると極端な話<意味理解ができない>のです。

 

これは単語にカギたことではありません。

 

英語をネイティブがすらすらと話すときに「早いくて聞き取れない!」と思われる方はいらっしゃいますか?

 

その【早い】と感じる感覚は、あなたの認識している英語の音と実際にネイティブが話す英語の音に「ズレ」がある可能性が大です。

 

つまり、この差をなくすことで、「早さ」というものは徐々になくなってきます。

 

この英語を正確に聞き取るベースを作ることがまずは初心者の方のファーストステップです。

 

英語は「すべての音が正確に聞こえる」だけでは、本当の意味理解にはつながらない

 

短期留学の経験者や、職場で実施に英語をすでに活用されている方に多いのが、「英語そのものの音は聞こえるのに、意味理解が伴わない」ケースです。

 

音がすべて正しく聞こえる=完全な理解ではないのです。

 

ご存知の通り、日本語と英語は全く構文が異なります。

 

そのため、英語を聞いてきれいな日本語で意味理解しようとすると、意味処理に時間がかかってしまうのです。

 

これを解消する手段として有効のなのが「英語を英語の語順のまま理解するようになること」です。

 

「そんなことができたら苦労しない」

 

そんな風に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この感覚は、しっかりと練習を行えば留学をしなくても鍛えることができます。

 

むしろ、留学に行ったのに誰とも英語を話さず、日本人と話してるばかりの人より、しっかりとしたトレーニングを積んだほうがよっぽど成長します。

 

英語の効果的な学習法が身に付き、学習が習慣化される

 

上記の「聞こえる耳」と「英語を本当の意味で理解することができる脳」を手に入れることで、後は語彙力や表現力をどんどん吸収して、アウトプットするプロセスです。

 

それにはやはり「量」が必要となります。

 

ここで60日間確実に「聞こえる耳」と「理解する脳」を手に入れたら、後はどんどんインプットし、アウトプットすることです。

 

ここで気を付けなくてはならないのが、ついつい英語のアウトプットにばかり目が言ってしまうことです。

 

特に英語がある程度上達した方にとても多いのが「ネイティブとのアウトプット」ばかりに注力してしまう方です。

 

それでは実は「伸び悩み」を必ず感じ始めます。

 

第二言語習得において、大切なのが実は「インプットの量」なのです。

 

でも考えてみれば「インプット」なくして「アウトプット」はできませんよね。

 

最も効率的な学習のインプット×アウトプットの比率は7対3だといわれています。

 

当校で60日のレッスンを受けた方の9割が継続されており、継続された生徒さんにはこのインプットとアウトプットの比率をしっかりと意識したレッスン内容となっています。

 

ただこのインプットは、時間がかかります。

 

例えばご自身で、英語の教材を毎日開いて学習するには、仕事をしているビジネスパーソンには結構な重荷です。

 

当校はテンポよくレッスンを進めるので、1回のレッスンでもそれなりの量をインプットしていただけますので、継続をしていただきながら英語を伸ばすことも可能です。

 

何から英語の勉強を始めたらいいのかわからない。。。

 

英語の学習は、やみくもに行うよりも、一度英会話学校にいって無料体験等で「現在の自分のレベル」を知る機会を持つといいです。

 

そこで、自分の課題を知り今後どんなふうに学習を進めたらいいのかのアドバイスをもらうといいでしょう。

 

できれば短期集中で一度英会話学校で「どうやって学習を進めたらいいのか」をしっかりと身につけるのもいいと思います。

 

卒業後は、ご自身でしっかりとインプットとアウトプットを行っていけば問題ないです。

 

まとめ

さて、今回は【音読はなぜスピーキングに活かせるのか?独学でも伸ばせる英語学習】をお話させていただきましたが、いかがでしたか?

英語脳を確実に身につけたいと思った人は、こちらのコースがおススメですので、ぜひ読んでみてください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

もし短期間で英語力を急激にアップさせたいビジネスパーソンの場合はこちらのコースを勧めします

【おすすめ記事】

浦和駅徒歩5分:英語を仕事で活かしたいビジネスパーソンの英会話!

英語の習得は無形資産への投資:毎日の学習は確実に未来の自分を変える!

パーソナルトレーニングの需要と値段の比較。ほんとに高価格?


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail: languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■初心者向け英会話強化コース:
https://languageboost.jp/3253-2/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加