英語を使うチャンスをつかむ人と、つかめない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

272回目のブログは【英語を使うチャンスをつかむ人と、つかめない人の違い】のお話をしようと思います!


 

人生においても、仕事においても

 

小さな【チャンス】を見逃さず、つかんでいる人がいます。

 

私はこのチャンスをつかめるかつかめないかって、

 

挑戦してリスクをとるか、とらないかだと思います。

 

そしてこのリスクをとって、どんどん挑戦していった人は

 

新たな次のステップの舞台が用意されているのではないかと思のです。

 

チャンスが訪れる確率を上げる方法!

 

当校にはビジネスで成功されている方もたくさんいらっしゃいます。

 

その方たちにはある種の共通点があります

 

それは

 

【挑戦し続けている】ということです。

 

学び続ける・挑戦し続けることを続けている人たちです。

 

そしてそういった方たちは

 

日々新たな課題が目の前に来ても

 

それを「チャンス」ととらえる傾向があります。

 

チャンスと聞くと、一見いいことのように思われがちですが

 

あくまでチャンスとは、【変化】をするためのきっかけです

 

それが【いいことである】保証なんてないんです。

 

新しい会社からいいポジションが来ても、会社から解雇を食らっても

 

どちらもチャンスであり、

 

そのイベントをいいものにするのも悪いものにするのもあなた次第なんです。

 

 なので、チャンスを好機にするまで、挑戦し続けるのです。 

 

皆さんは、今すでに素晴らしい好機をつかんでいるんです。

 

後は挑戦を続けるのみ!

 

チャンスの女神なんかいないし、チャンスは実はそこらへんにごろごろ転がっている

 

啓発本とかを読んでいると、

 

チャンスの女神は前髪がないとか、チャンスの女神を逃すなとかよく聞きませんか?

 

私はあまりそれが好きじゃないんです。

 

だってチャンスはすでにたくさんその辺に落っこちているから。

 

そしてあなたがそのチャンスに向かって努力していけばいくほど

 

そのチャンスにである確率は必ず上がります。

 

なぜか?

 

自ずと自分の選択は、自分の考える・希望する選択をしていくからです。

 

例えば、

 

当校に通っている生徒さんたちですが

 

当校に通ってから英語の部署に行く話がきた!

 

短期で出張に行くことになった!

 

そんな話を本当によく聞きます。

 

 つまり自分が【どうしたいのか?何を本当に欲しているのか?】を常に明確にし、それに向かって努力することがチャンスに恵まれる方法だと思います 

 

敢えてそのチャンスを無視している人もいる

 

チャンスが目の前にあるのに、そのチャンスを無視する?そんなことをするはずがない!

 

そう思われるかもしれませんが、

 

チャンスを目の前にして、ガン無視する人って結構います。

 

例えば、

 

あなたが海外の部署に行く機会があったとします。

 

英語のできないあなたは挑戦しますか?

 

おそらく「周りに迷惑をかけてしまうし」とか「今の部署のこともあるし」

 

と断念するかもしれません。

 

断念することがほとんどです。

 

でもこの【周りに迷惑をかけるから】とか【今の部署のこともあるし】って

 

これ両方ともかなり自分を守るためのセルフハンディキャップだと思いませんか?

 

じゃあ挑戦すればいいのか!英語ができないのに!!!

 

そんな声が聞こえてきそうですが、

 

私は挑戦すべきだと思います。

 

本当に海外の部署に行って挑戦したいのであれば

 

それを好機にするのは、あなた次第だと思うのです。

 

でもやはりそのチャンスに挑戦するには、ある程度のリスクは常について回ります。

 

そのリスクをとるかとらないかも、あなた次第なんです。

 

それでも人間はどうしても安定を求めてしまう

 

もしあなたが英語があまり得意ではないのに

 

海外の部署に行く話が来たら、

 

おそらく挑戦することよりも、【恐怖】が勝つと思います。

 

つまりこれが自分に好機になるだろうとわかっていても

 

今の状態から変化することへ抵抗してしまうんです。

 

こういった好機を逃したことがある方って少なくないと思います。

 

でも「リスク」をとらずして最大の好機はつかめないです。

 

このリスクをとるということは、かなりストレスもかかりますし、不安にもなるかもしれません。

 

でもこういった「リスク」は【いいチャンス】だったりするんです。

 

挑戦をし続けると、新たなチャンスが現れる

 

英語を頑張っているのに、なかなか英語を使うチャンスに恵まれない。

 

英語を使えるようになったのに、英語の仕事にうまくつけない。

 

大丈夫です、そのまま続けていれば必ずチャンスは訪れます。

 

その時までしっかりと努力し、いざチャンスをつかむ機会が来た時に

 

思いっきりつかみましょう!

 

それでもチャンスに恵まれない人は、

 

もしかしたら目の前に来るチャンスにばかり気をとられているのかもしれません。

 

今は自分のチャンスをつかむための準備期間だと思って

 

その準備にフォーカスするようにしましょう。

 

この準備のでき次第で

 

あなたに用意されるステージもおのずと変わってくるはずです。

 

そしてあなたの準備が素晴らしいものであればあるほど

 

あなたの目の前に来るチャンスは、今のあなたには想像もできないチャンスになるはずです。

 

まとめ

さて、今回は「英語を使うチャンスをつかむ人と、つかめない人の違い」でしたがいかがでしたか?

もしあなたが現在オンラインレッスンで「難しさ」や「不安」を感じているのであれば、当校の2か月のオンライン短期コース「60-day-challenge」の詳細をコチラで読んでみてください。英語を短期で学習することがなぜ可能なのか?がより明確にイメージできるかと思います<(_ _)>

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

勉強すると脳は成長し変化する!

3年後の自分を変えるのは、「今」の自分の行動

英語を頑張って勉強しているのに成長を実感できない方へ(60-DAY-CHALLENGE詳細)


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加