英語を評価されて内定が決まったけど、実際のところヤバい・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

238回目のブログは、【英語を評価されて内定が決まったけど、実際のところヤバい・・・】のお話をしようと思います!


 

2020年の4月から新入社員として入社する会社で【英語力】を求められているのに、いまだ英語への不安を抱えていませんか?

 

 「TOEICの点数はいいけど、英語でしゃべれるかって言ったら、難しいしできる自信はまったくない」 

 

そんな方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

もし英語に今焦りや不安を感じているのであれば、その方には朗報です。

 

 英語は短期で伸ばすことは可能です。 

 

特に【リスニング】力だけフォーカスして行えば、最短1カ月で伸ばすことも可能です。浦和駅から徒歩2分で来られる短期集中型英会話である当校の詳しいご案内はこちら:オンラインコースも設けてます

 

もしあなたがTOEICの点数をある程度「強み」として入社しているのであれば、

 

【これ簡単に訳しといて!】なんて言われることもないとは言えないでしょう。

 

逆に英語が評価されては行ったのに英語ができなかったらめちゃくちゃヤバいですよね?

 

だって、英語ができる!という強みを企業が買ってくれたのですから。

 

でも、その時に実際取引先のネイティブの社員と実際に会ったりビデオ通話でやり取りする際に、彼らの言っていることが聞き取れなかったら・・・

 

考えただけでも、冷汗が流れてくるでしょう。

 

そして、何とか聞き取ろうと思って頑張るのですが、すでに軽いパニックになっているから聞き取れないという悪循環。

 

そんな状態では話すこともうまくいかず、結局大事な最初の顔合わせで英語でのコミュニケーションができないなんてことが起きるかもしれません。

 

おそらく最初なので上司または先輩も在籍しているでしょうから、そんなあなたの様子を見て「コイツ、実は英語できないんじゃん・・・」と思われてしまう。

 

もしそういうことになったら、簡単には首にはならないでしょうが、確実に肩身の狭い思いをしなければならなくなります。

 

 社会人は学生とは違って失敗に対して寛容ではありません。 

 

いつでもベストを求められます。

 

そしてそういうベストの状態に自分を持っていくことを常に求められているのが社会という場所なのです。

 

もしあなたに今学生のうちの貴重な時間を、今後仕事でつかえるスキルへの投資に変えたい!そう思う方はぜひこの下の内容を読んでみてください。

 

英語のできない同期より、【グローバルなチャンス】がつかめる!

 

当校には社会人になってからでは英語を習得する暇がないからと、学生のうちに英語を習得しに入学される学生さんが結構いらっしゃいます。(実際に当校に通われた生徒さんのインタビュ記事はこちら。)

 

「外資に入るので、英語がしゃべれるということは「最低ライン」なので、入社までの短期間でしっかりと身につけたい」

 

そう言って、さらにご自身の英語をブラッシュアップさせるために通学されている方たちです。

 

 もしあなたが今後【国際的に活躍したい!】そう思っているのであれば、【英語ができることは最低ライン】です。 

 

それがまずは、英語のでいない同期から、少し前に出るチャンスです。

 

英語ができないだけで、【国際的に活躍できるチャンス】から確実に遠のきます。

 

今時間があるのであれば、すぐに【英語力】をUPさせておくべきでしょう。

 

 そして【実際にチャンス】が目の前に来た時に、しっかりと【使えるだけの英語力】を身につけておくことが大切です。  

 

英語は投資と同じで、学習する時間が長ければ長いほど【有利】

 

 

投資は、投資時期が早ければ早いほど価値は増えていきます。なぜかというと、投資で得た利益を再投資することにより、更に投資金額を増やしていくという複利効果が得られるからです。

 

 英語の学習も同様で、どんどん聞いたことがある英文や英単語、自分で実際に様々な単語をストックし使えるようになることにより、より高度な英語を聞き取れるようになるし、様々な英語の表現ができるようになるからです。 

 

 長期的な目で英語を仕事で活用していきたい!そう思っているのであれば、まさに「今」が行動すべき時です。 

 

「まぁ仕事が始まってからでいいか」

 

おそらくそう思っている学生さん結構いらっしゃると思います。

 

でも、そう思っているうちに確実にあなたの周りの【グローバルに活躍したい同期】たちは必死に英語を習得しようと頑張っています。

 

内定が決まり、さっそく仕事をすることになったが、全然英語が使い物にならなかったら。。。

 

あなたはせっかく頑張って取ったTOEICの点数も評価され、自分が活きたかった外資の企業で働くことになりました。

 

 入社して1カ月たって先輩に「英語できるなら、私の日本語のメール簡単に翻訳してクライアントにメール送っといて!」なんていわれたあなたはできますか? 

 

 入社して2ヵ月たってから「英語でのテレカンの議事録簡単にまとめといて」そんなこと言われたらできますか? 

 

 入社して3カ月たって「英語で自分で資料まとめてね!」なんて言われたらできますか? 

 

英語で採用されたのであれば、普通にあり得ることかと思います。

 

だってTOEICの点数が内定でも【ポイントが高かった理由】なんですから。

 

短期で英語は伸ばせます、でも1週間や2週間じゃ成長に限りがあります。

 

最低2ヵ月あれば、しっかりと今ある英語力のリスニングはできるようになりますし、簡単なスピーキングならしっかりと基盤を作れます。

 

 それでもあなたは、入社後に英語の勉強を始めますか? 

 

社会人になってからでは、本当に勉強する時間がなくなります

 

 

来年新入社員で会社に入ったら、すぐに忙しくなります。

 

あなたの仕事の勉強もしなくてはいけないし、慣れないことも多く、帰宅したときにはすでにぐったりしているかもしれません。

 

それくらい新しい環境というのは疲れるものです。

 

しかも、今の専門知識をもっと吸収したい!そう思えば思うほど、英語に割く時間なんて無くなります。

 

そうするとあっという間に3年、5年と時間が過ぎてい行き。

 

本当に【英語を使わないといけない場面】に直面して、やっと

 

「勉強をちゃんとしないと」

 

そういって焦るのです。

 

 また一番怖いのは、【英語ができないから】という理由で、自分がせっかく持ってきた仕事を、自分より専門の知識のない人に取られてしまうことです。 

 

このケースは本当によく聞きます。

 

もちろん専門知識があってこそ、だとは思います。

 

しかし、プロジェクトを進めていく上で実際の業務で【英語が使えない】というのは致命的なんです。

 

再度言います。

 

 もしあなたが本当にグローバルに活躍することを心から望んでいるのであれば、【英語のスキルは最低ライン】です。 

 

もしあなたが入社前までに英会話を短期間で伸ばしたいと本気で思った方、当校の2か月の短期コース「60-day-challenge」の詳細をコチラで読んでみてください。英語を短期で学習することがなぜ可能なのか?がより明確にイメージできるかと思います<(_ _)>

この短期のコースはオンラインでのサービスも受け付けております。

 

まとめ

さて、今回は「英語を評価されて内定が決まったけど、実際のところヤバい・・・」でしたがいかがでしたか?

英語をしっかりと身につけて将来的に絶対にグローバルに仕事をしたい!!そう思われた方は当スクールのご案内をこちらでぜひ読んでみてください。英語を短期で学習することがなぜ可能なのか?がより明確にイメージできるかと思います<(_ _)>

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

勉強すると脳は成長し変化する!

3年後の自分を変えるのは、「今」の自分の行動

英語を頑張って勉強しているのに成長を実感できない方へ(60-DAY-CHALLENGE詳細)


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加