英語を聞いても、内容が保持できない!を解消するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

267回目のブログは、【英語を聞いても、内容が保持できない!を解消するには?】のお話をしようと思います!


 

英語を聞いた時に

 

単語単語の発音は大体聞き取れるのに、

 

内容が保持できない。。。

 

おそらく英会話の学習を始めたばかりの方は

 

このような経験を必ずしたことがあると思います。

 

実はこの【単語しか聞こえていないような】現象はしっかりと説明ができますし、

 

改善も練習によってできます。

 

今回は、長い文章でも内容がしっかりと保持できる方法と、

 

なんでそもそも単語がわかるのに意味処理ができないのか?

 

そのお話をしようと思います!

 

そもそも正しく音が拾えていない可能性が高いです

 

もしあなたがある程度長い文章を聞いて内容が保持できないのであれば、

 

しっかりと音が聞き取れてない可能性があります。

 

【いや、聞こえてる!】

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

しかし、もう少し聞いてください。

 

聞こえているのはおそらく、しっかりと発音されるような音

 

例えば動詞や名詞が聞こえているだけで、

 

助動詞や前置詞、接続詞等、自然に発音する上で小さくなるような音が

 

うまく聞き取れていないため、

 

文章をうまく構成でいないのも、【実は意味がしっかりと取れていない】理由の一つです。

 

【何となく言っていることがわかる】

 

という場合も、確かにいくつかの単語が取れているのかもしれませんが

 

細かく小さな音が、聞こえていないため

 

時制が取れなかったリ、前置詞が取れないことで【誰が何をした】が取れない

 

そうなると、聞こえる単語から内容を予測します。

 

もし内容がリテイン(保持)できないのであれば

 

まずは本当にすべての単語がしっかりと聞き取れているか?

 

その点を意識して自分のレベルチェックをしてみるといいと思います。

 

状況により、音声知覚(音を正しくとる能力)を鍛えることで

 

劇的に聞こえるケースがあります。

 

リテインできない箇所は、英語の語順で正しく意味処理できていない

 

もし音もしっかり聞けているのに、音からの意味処理ができない。。。

 

文章を見ても、構文も特に問題なく理解できる。

 

この場合考えられる【聞こえない理由】は

 

帰り読みです。

 

帰り読みとは、英語を日本語の正しい構文いなおして読むことです。

 

ご存知の通り、英語と日本語の語順はまっったく悲しいほどに異なります。

 

これが日本人が英語に苦戦する理由の一つなんです。

 

でも逆に言うと、この返り読みを解消することは練習でできるようになります。

 

それは「音読」練習です。

 

なぜ音読練習が返り読みに有効なのかというと

 

英語の語順のまま強制的に理解しなくてはならなくなるからです。

 

英語を勉強していると、

 

一文すべて読んで、再度英語を後ろから読み返したりしていませんか?

 

まずこの癖をなくさないと、返り読みを改善できないんです。

 

音読練習は、発音しながらの意味処理が求められるので

 

その点でこの返り読みの改善に優れているのです。

 

もし受験勉強の癖で、頭から意味処理する癖がついているのであれば

 

さっそく今日から音読練習を導入してみてください!

 

1カ月後、だいぶリスニングのリテイン量が増えていることに驚くでしょう。

 

保持できていないのは、結局のところ【理解できていない】から

 

日本語でもそうですが、

 

しっかりと理解できる話を聞いたら、その話を第三者に話すことって簡単ですよね。

 

でも、例えばそれが遺伝子操作の話で、たくさんの専門用語が出てきたらどうでしょう?

 

おそらく第三者にその話をすることって難しいと思いませんか?

 

英語の内容でリテインできないのは

 

決して【音声知覚】や【意味処理ができないから】という問題だけではないんです。

 

政治経済の話が、どうしても聞けない。

 

英語は十分にコミュニケーション取れるのに、、、なんで。

 

おそらく単語や、文化的な拝見も情報としてストックしていくと、

 

徐々に聞き取りが楽になってくるはずです。

 

ですので、英語初心者の時に英語をある程度伸ばしたら

 

その後もご自身で継続的に英語の学習を行うことは必ず必要になってくるでしょう。

 

特にあなたが今後仕事やある分野で英語を使って活躍されたいのであれば。

 

当校では、英語をリテインできない、仕事でも英語が聞き取れないと悩んでいる方が

 

短期で英語を一気に伸ばすための学校です。

 

もちろん短期で英語を伸ばすことは簡単でもないですし、それ相応の時間と労力

 

そして何よりも短期で伸ばすためのノウハウがあってこそです。

 

学習時間のイメージとしては、

 

「学習効率を最大限に上げる方法」×「学習時間への投資時間」=【英語の成長のスピード】

 

学習時間への投資時間

 

つまり、皆さんが実際に費やしていただく学習の時間が0であれば

 

いくらあなたにピッタリの学習法を導入しても、

 

英語の成長はほぼ0です。

 

ですので当校に入学していただく方には

 

しっかりと学習時間を短期間は確保していただくことをコミットしていただきたいです。

 

それができないのであれば、長期でコツコツと英語を伸ばしたほうが

 

何も勉強を費やさないでノウハウを知るより、伸びます。

 

もし本気で短期で伸ばしたい!

 

そういう方であれば、私も精一杯全力でサポートします!

 

当校が実際にどのようにあなたの短期での英語をサポートするかですが、

 

当校での無料体験レッスンでまずは、簡単なテストを通して、あなたの課題発見をおこないます。

 

この課題発見が一番大変で一番大切なステップです。

 

そして当然ですが、皆さんそれぞれ適した練習法は全く異なります。

 

そして成長段階により練習法もまた変わります。

 

しかも自分の成長と共に、やり方を適切に変えていくことでより成長を促進させることができます。

 

もし自分が今なんで英語が聞こえないのか?しゃべれないのか?を知りたい場合は一度無料体験レッスンにお越しください。

 

当校のレッスンは、ビジネスパーソンが短期間で英会話を伸ばすためのスクールとなっていますので、本気で習得する場合は【ここに来てよかった!】そう思える内容となっています。

 

実際の生徒さんの口コミ

当校の生徒さんのインタビュー記事

 

もしあなたが効率的に英語を伸ばしたい!と本気で思ったら、当校の2か月の短期コース「60-day-challenge」の詳細をコチラで読んでみてください。英語を短期で学習することがなぜ可能なのか?がより明確にイメージできるかと思います<(_ _)>

この短期のコースはオンラインでのサービスも受け付けております。

 

まとめ

さて、今回は「短期間で英語を伸ばすなら、効率を上げる学習習方法を手っ取り早く聞く!」でしたがいかがでしたか?

もしあなたが現在オンラインレッスンで「難しさ」や「不安」を感じているのであれば、当校の2か月のオンライン短期コース「60-day-challenge」の詳細をコチラで読んでみてください。英語を短期で学習することがなぜ可能なのか?がより明確にイメージできるかと思います<(_ _)>

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

勉強すると脳は成長し変化する!

3年後の自分を変えるのは、「今」の自分の行動

英語を頑張って勉強しているのに成長を実感できない方へ(60-DAY-CHALLENGE詳細)


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加