【上野駅:19分】短期専門:忙しいビジネスパーソンの英会話教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

331回目のブログは、【【上野駅:19分】短期専門:忙しいビジネスパーソンの英会話教室】のお話をしようと思います!


 

コロナウィルスの影響で今まで海外出張をしていたビジネスパーソンの方たちは

 

今はテレビ会議をとおして海外とのクライアントや部署とのやりとりをされている方が増えたのではないでしょうか?

 

今までは海外の出張で実際の現場の人と話していたのが

 

物理的に海外に行けなくなったことで、ZOOMやGoogle Meet等を通して

 

 英語での会議が以前にもまして、やりにくさ・コミュニケーションの取りにくさを感じていませんか? 

 

実際に会うよりも、コミュニケーションが取りにくくなるのはしょうがないことなんです

 

人はコミュニケーションをとるときに2割程度しか耳からの情報を重要としていないといわれています

 

例えば、自分のプロジェクトと全く関係ない話の英語だと全然英語が聞き取れないのに

 

自分が担当していてある程度状況がわかっている英語のプレゼンであれば比較的聞きやすいというのが

 

まさしく【耳からの情報はあまり重要ではない】ということを示しているのではないでしょうか?

 

じゃあ、どうやったら英語の会議を聞き取れるようになるのか?という点ですが

 

【音声知覚】を鍛えることが最短のルートだと思っていいでしょう。

 

当校は【短期集中で英語をのばせる】完全マンツーマンの短期間習得の専門の英会話学校です。とにかく早急に【リスニングだけでもすぐに伸ばしたい!】そう思っている方が短期間で必ず【聞こえる】を実感できるプログラムになっています(→ 上野駅から高崎線で直通19分・浦和駅から徒歩2分で来られる短期集中型英会話である当校の詳しいご案内はこちら)。  

 

今回は今テレビ会議の英語で苦戦しているビジネスパーソンが、短期間で効率的にリスニングをのばす方法をお話ししたいと思います!

 

短期間で英語を伸ばすのなんて無理だ!!と思っている方が

 

今日からご自身でも実行できる学習方法で

 

短期間でしっかりリスニングUPさせることができる勉強法もご紹介します!

 

短期間で英語のリスニングを伸ばすには、【単語を正確に拾えるようになること】が大切

 

何となく英語が聞けているはずなのに、どうしても意味が分からない。。。そういった経験はあなたにはありませんか?

 

これは文中の大切な単語である内容語(動詞や名詞等)がきけているのであって、機能語(前置詞や助動詞等)が聞き取れていない可能性があります

 

 つまり、聞こえているようで聞こえていないのです。 

 

例えば機能語が聞こえないとどうなるのか?というと

 

動詞や前置詞等の内容語を組み立てて内容をかってに作ることをします。

 

例えば以下の例文の機能語が聞こえない状態で聞くとします

 

I’ve called this meeting to tell you about the printing machine our office just bought.  it prints much faster than the old machine.

 

この動詞から内容を予測することって、結構できるんです

 

特にあなたがその内容のことを知っていればなおのことです。

 

ただやはり細かな音がとれていないので正確性に掛けるんです。

 

実は、この現象は日本語でもよくあることです。

 

テレビ会議をしていると、やはり日本語でも聞きにくさを感じられるとおもいます。

 

それはこの【機能語】が聞き取りにくいからなんです。

 

ただ内容がわかっていれば何となく、その人の言葉がはっきりしなくても内容が理解できたりしますよね?

 

なので英語のリスニングを短期間で伸ばしたいと思っているのであれば

 

まずは単語を正確に聞き取れる力がマストになります。

 

単語を最短で聞き取れるようになるには、音声知覚を鍛える

上記の表は、留学に行った場合の第二言語習得ステップといわれています(三木雄信氏の【「英語は1年」でマスターできる】参照)

 

留学に行くと3カ月で英語が聞き取れるようになる、というのを聞いたことがありませんか?

 

それはその3カ月でこの音声知覚が鍛えられるからなんですね。

 

つまりここの音声知覚を短期間で鍛えればしっかりリスニングも短期間で伸ばすことができるんです!

 

【でも留学する時間がない!!】

 

今のコロナ下ではおそらく当分の間は留学は難しいですよね。

 

でも大丈夫です、音声知覚を鍛えるのは日本国内でもできます。

 

そして当校では留学3カ月よりも短い2か月間で音声知覚を鍛えることができます。

 

ここに入る前は、英語を聞いたりするとただの単語の羅列という意識だったんですよね。でもきちんと前後の意味のイメージをとらえ、内容を把握していく感覚がつかめることができるようになりました!

当校のインタビュー記事より

短期間でリスニングを伸ばすための、音声知覚を鍛える方法

 

留学の3カ月で音声知覚を鍛えられるお話を上記でしましたが

 

留学で音声知覚が伸びるのは、英語をたくさん聞くという量にフォーカスした学習により

 

音声知覚を鍛えていく方法です。

 

しかし、日本にいてはその環境を作るのはなかなか難しいです

 

なので量を学習方法で導入することで、音声知覚を鍛える必要があります

 

短期間集中の学校ではしっかりこういった音声知覚を鍛えるプログラムを導入しているはずです

 

そうでないと短期間で効率的にリスニング力をアップさせることは困難だからです

 

一般的に言われているこの音声知覚を鍛える方法はいくつかあります

 

①シャドーイング

②ディクテーション

③オーバーラッピング

④音読

 

 【シャドーイングはもう1年以上やっているけど英語のリスニングが全く伸びない!】  

 

そういって当校にいらっしゃる方もいます

 

ほとんどん場合、リスニングを伸ばすシャドーイングができていません。

 

なのでシャドーイングやディクテーションもただやれば伸びるというものでもないんです。t

 

正しいやり方をしっかり身につけ、それを行わないと意味がないんです。

 

筋トレもそうですが、

 

腹筋しても効率よくシックスパックってできないと思うんです

 

でも筋トレのトレーナーなら、おなかではなく太ももを鍛えたり背筋を鍛えたりする方法で

 

おそらく効率よく筋トレメニューを組むと思います。

 

英語の学習も同様です。

 

特に短期専門の学校では、正しい学習のやり方だけではなく

 

どうやって効率的に伸ばせるか?を一人一人それぞれにフォーカスした学習方法をしっかり分析してくれます

 

短期間で英語のリスニングを本当に伸ばしたいと思っているのであれば、短期専門の学校にいこう

 

英語は自分でも伸ばせます。

 

でも、もしあなたが効率的に短期間で英語を伸ばして

 

今直面している英語の会議で抱えている【聞こえない!】を早急に解消したいのであれば、

 

独学で学習するより短期専門の学校に行くを強くお勧めします。

 

先ほどの筋トレの例でもそうですが、

 

間違った筋トレをすると、体を痛めたり、違うところに筋肉がついて逆に自分の理想とは異なる形になってしまったりすることがあると思います。

 

英語の独学もそうで、

 

独学で学習するとどうしてもご自身のオリジナルのシャドーイングや音読練習になってしまうことが結構よくあります

 

これはどうしてオリジナルのシャドーイングになってしまうのかというと

 

どうしても聞き取りが苦手な音を間違って発音したり、うまく聞き取りができていないのに何となく練習をしてしまったりするからなんです。

 

例えば左足の筋肉が弱ければ、右足の筋肉が発達するように

 

シャドーイングの練習も、聞き取れない音を改善するための練習にしないと、今まで聞き取れる英語がよりきれいに発音できるようになるだけ・聞き取れるようになるだけで、聞き取れない部分は改善しないということが起きます。

 

またその練習が定着してしまったりすると、

 

そのオリジナルの練習で鍛えてきたシャドーイングの癖を直すことから始めていくことになるのです

 

なので長年違う発音で単語を覚えていたりすると直すのに時間がかかったりします

 

もしあなたが今後英語をしっかり学習をしていきたいと思われているのであれば

 

まずは自分にあった学習が何なのかを知り

 

最短で英語を伸ばすための正しい学習方法をみにつけることも英語を伸ばすうえで大切なことになってきます

 

当校が他の短期専門校と違う点は?

当校では上記のように、一人一人今どこに弱点があり、どうやって学習を進めていくか?をすべて当校でチェック・分析して学習を進めていきます

 

なので最短であなたの英語を伸ばすお手伝いができるんです。

 

このあたりは他の短期専門の英会話学校でもしっかり行っていると思います。

 

しかし、この分析とトレーニングを如何に正確に・いかに成長に合わせて変化させていくか?が短期間で英語を伸ばすうえで大切になるのですが

 

学校によっては一人の先生だけではなく、多数の先生がついてしまう場合があります

 

そうなると正しく分析ができなかったりし、短期間で伸ばすための重要な【成長期】を逃してしまうことがあります

 

その点当校は全ての生徒さんが一人の担当講師がすべて管理します。

 

なので、しっかり生徒さんの成長に合わせて負荷を掛けていくため短期間での成長が可能です

 

またコストの面も当校が比較的通いやす値段なのは、維持費や広告費がかかっていないからです

 

 

都内の短期間の専門の学校に行くと、100万近くかかるところも普通にあります。

 

正直効果は同じくらい、場合によってはそれ以上の効果は期待していただけます。

 

ただ短期で英語を伸ばすことは、簡単でもありません。

 

私と一緒に二人三脚でしっかり学習を真剣に取り組む、本気で短期間で伸ばしたい!そう思っている方が

 

ここに来れば絶対に後悔しない学習プログラムになっています。

 

無料体験レッスンではあなたの今の現在のレベルとあなたお目標と課題に対して今何を行うべきかの分析をさせていただきます<(_ _)>

 

まとめ

今回は、短期間で英語のリスニングを伸ばすための学習のコツと、短期専門の学校を活用すべき理由をお話ししました!

2か月間なら頑張って挑戦できるかもしれない!と思った英語の現在テレビ会議で苦戦されている忙しいビジネスパーソンの方、当校の短期集中プログラムの詳しいご案内をこちらでご覧ください(オンラインレッスンも受け付けています)<(_ _)>

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

勉強すると脳は成長し変化する!

3年後の自分を変えるのは、「今」の自分の行動

英語を頑張って勉強しているのに成長を実感できない方へ(60-DAY-CHALLENGE詳細)

【解決法】英会話初心者がオンライン英会話やってみたけど難しすぎ!

オンライン英会話を毎日使ってるのに伸び悩みを感じる3つの理由

オンライン英会話で英語が伸びない理由は?ネイティブ講師を活用するタイミングは?

英会話教室の選び方:オンラインでの英会話学習はどんどん成長し、進化していく

日本人講師とのオンライン英会話で英語を短期で伸ばせる方法

【最短2ヵ月】オンライン英会話でストイックに英会話を習得しよう!

オンラインレッスンを受ける際の注意点と、対面レッスンとの違い


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加