難しい英文を勉強したからって英語が伸びるとは限らない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

184回目のブログは、【難しい英文を勉強したからって英語が伸びるとは限らない。】のお話をしようと思います!


 

英会話が伸びないと感じたら、皆さんはどんな勉強をしようと思いますか?

 

結構英語のレベルが伸びている生徒さんで多いのが、BBCやCNNニュースを英会話を伸ばすために活かすケースです。

 

もちろん、語彙力や構文力、後は言い回しに慣れるという面ではとてもよい学習法かと思います。

 

しかし英会話は、そんなに難しい単語でなくても言いたいことは大体伝えられます。

 

大切なのは「適時適切な単語を使えているか」ということ。

 

今回は英会話を伸ばすための【効率的な学習方法】をお話ししたいと思います!

 

まずは、内容が8割~9割わかる教材を使う

 

本屋さんに行って、どの教材を買えばいいか迷ってしまったらまずは一度中身を確認して、内容が比較的わかりやすいものを購入しましょう!

 

極端な話、8割~9割内容がわかるものでOKです!

 

【英語がしゃべれるようになりたいのに、9割わかっちゃうものでは成長しないじゃないか!】

 

そう思われましたか?

 

<文章がわかる>ことが必ずしも<その文章が自分の英語として使える>とは限りません。

 

まずは目視でわかる英文を、耳で聞き取れるようにし、自分でもアウトプットできるようにしましょう!

 

英語の特に【会話力】を伸ばすなら、この方法が一番手っ取り早いです。

 

英語の勉強をしていると必ず耳にする【シャドーイング】の効果

 

シャドーイングは英語を聞き取れるようになる耳を作るにはとても適した練習方法です。

 

しかし、シャドーイングができるようになるからと言って、英語が聞き取れるようになるわけではありません。

 

シャドーイングはあくまで、ネイティブのしゃべる英語の特徴をつかめるようになり、英語をきちんと【正しく聞き取るための】練習です。

 

例えば、appleという単語を使って説明します。

 

Appleは【アップル】という発音ではなく、【アポゥ】です。

 

このAppleを【アップル】という発音で認識していると、ネイティブが【アポゥ】といっても、認識できない確率が上がります。

 

このAppleを耳できちんと聞き取るには、あなたの脳みそと耳をapple=アポゥと認識するような回路にすることで、ネイティブの言っている英語を聞き取ることができるようになります。

 

しかし、Appleの音を知っていても、意味が分からなくては、本当の意味での【英語を理解する】ということにはなりませんよね?

 

Appleをアポゥと認識するための練習が、シャドーイングです。

 

でも、この音を認識できる能力がなければ英語の聞き取りには苦戦するでしょう。

 

ですのでシャドーイングの練習を取り入れることで、確実に英語を聞くための耳のベースを作ることができるようになります。

 

音が認識できたら、次は【英語脳】を作り上げるための練習が必要

 

英語の構文はご存知の通り、日本語とはまったく異なります。

 

ネイティブが英文をスラーーっと読んで、

 

「なんだか単語はぽつぽつと拾えるんだけど、意味が分からない。。。」

 

そんな経験がある人はいますか?

 

そういう人は、もしかしたら「英語を英語の語順のまま理解す脳力」がまだ足りていないのかもしれません。

 

英文は最初に基本的にSVがきて、それにどんどん情報が付け加えられていくため、日本語訳すると最初にネイティブが言ったSVを落としてしまう現象が起きます。

 

これを改善するには【英語を頭から理解していく感覚】を身につける必要があります。

 

つまり、英語を英文のまま理解していく感覚を身につける必要があるということです。

 

これはどうやったら身につけられるのかというと「音読」練習です。

 

しかし、ただ音読を「英文をただ読む」だけでは「英語を頭から理解する感覚」を身につけるのには相当な時間がかかってしまいます。

 

ポイントは「日本語訳をせずに音読すること」です。

 

どうしても英文を読むときって、きれいな日本語にしてしまいがちですが、それは一番実は避けたいです。

 

なぜなら、日本語と英語は構文が違うので、そんなやり方をすると、英語を日本語で考えてしまい、瞬間的な意味理解につながらないからです。

 

音読の練習を本格的にされたい方は、こちらのブログを読んでみてください!細かく練習方法を書きました!

「音読はなぜスピーキングに活かせるのか?独学でも伸ばせる英語学習」

 

当校では<英語脳>を作り上げ、英語を英文のまま理解できる耳と頭を作り上げます

 

特に英語のリスニングを伸ばすうえで重要となるのが、英語を頭から理解していく感覚です。

 

これを作り上げることで、「英語の単語がぽつぽつしか聞こえない」を「きっちり意味理解できる耳」に変えます。

 

そしてこの感覚が身に付くと、英語を話すときにスピーディーにSVが出るようになります。

 

もし現在学習方法で悩まれているのであれば、ぜひ一度無料レッスンにお越しください。

 

今のレベルにはどんな学習があっているかアドバイスできることもあるかと思います<(_ _)>

 

まとめ

さて、今回は【難しい英文を勉強したからって英語が伸びるとは限らない。】をお話させていただきましたが、いかがでしたか?

英語脳を確実に身につけたいと思った人は、こちらのコースがおススメですので、ぜひ読んでみてください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

もし短期間で英語力を急激にアップさせたいビジネスパーソンの場合はこちらのコースを勧めします

【おすすめ記事】

浦和駅徒歩5分:英語を仕事で活かしたいビジネスパーソンの英会話!

英語の習得は無形資産への投資:毎日の学習は確実に未来の自分を変える!

パーソナルトレーニングの需要と値段の比較。ほんとに高価格?


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail: languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■初心者向け英会話強化コース:
https://languageboost.jp/3253-2/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加