週2回の通学で、2か月後どうなるのか?60-DAY-CHALLENGEのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第122回目のブログは、【週2回の通学で、2か月後どうなるのか?60-DAY-CHALLENGEのご紹介】をお話しします!


Language Boostの2か月英会話集中コース【60-DAY-CHALLENGE】を受けるとどうなるのか?の問い合わせをいただいておりますので、簡単にご紹介させていただきます!

■英語をしゃべりたいと思ったら正しいスピーキング方法を学ぶ必要がある

英会話力を伸ばすのなら、基本的な単語力と文法力は必須です。しかしそれだけでは英語が上達できないのは皆さんご存知だと思います。

日本での英語教育で一番足りていないのが【正しい英語の発音法】です。

この正しい発音を学び、習得できることで、スピーキング力だけでなく【リスニング力】ぐっと上がります。

基本的に【聞こえない音】というのは【発音できない】事がほとんどです。

そもそも英語が聞き取れないのには、主に2つの原因があげられます。

①正しい単語の発音がわからないため、聞き取りができない

②単語と単語のつながりの音がわからないので、聞き取りができない。

①の単語の発音に関しては、単語を覚える際に一緒に発音の勉強をする等きちんとご自身でも対策できるかと思います。ただ②に関しては今まで音の変化に慣れていない方は、自分の体に覚えさせる必要があります。

Language Boostでは、【リプロダクション】や【スピーキング】練習を通して、正しい英語のリズムを体に定着させリスニングを強化します。

英語の文自体は簡単なのに、英語を聞いたときに言っていることがわからなかった経験はありませんか?

Language Boostのレッスンでは聞こえない箇所を探し、英語をリスニングする際の悪い癖を理解し、正しい発音に修正することで自然とネイティブの英語が聞こえるようになります。

■週2回のレッスンを受けるだけでは2か月で成長を感じるのは無理です

60-DAY-CHALLENGEのトレーニングは毎日の課題をこなすことは必須条件で、決して楽なコースではないです。

しかし、この60日必死にがんばった分は必ず今後のキャリアに響いてきます!

現在英語が必須の部署にいるのに英語のせいで成果が出にくい人は、きちんと自信を持って英語を業務に使えるようになり、外資に転職したい人は英語ができることでキャリアや給料のアップが英語ができるだけで広がります。英語習得には一度どっぷりと英語と向き合う時間が必要です。それを効率的に60日頑張ることで、手に入るのであればそれは決して高い値段ではないと思います。

担当日本人講師がきっちりと一人ひとりの弱点を探し、その弱点を論理的に理解し解決してく。目標達成に向かい歩んでいけるプログラムとなっています。

また、より確実に英語を定着したい方は、再受講コースもご用意しております。

Language Boostは、より高い効果を引き出すために、基本週2回のレッスンの受講をお願いしております。ただ苦手な部分の克服や矯正には16回のレッスンで補えない部分が出てきます。きちんとスキルとして落とし込みたい、より英語を定着したいと思う方は、60-Day-Challengeを再度受講していただくための再受講コースをご用意しておりますので、そちらを活用していただければ幸いです。

まとめ

さて、今回は【週2回の通学で、2か月後どうなるのか?60-DAY-CHALLENGEのご紹介】をお話しましたが、いかがでしたか?

60-Day-Challengeに挑戦してみたいと思われた方は、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加