英語をどうしても勉強がしたくない日のお勧めの勉強法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

191回目のブログは、【英語をどうしても勉強がしたくない日のお勧めの勉強法。】のお話をしようと思います!


 

英語を伸ばしたい!

 

そう思って学習を始めても、なかなかやる気が出ない日ってありますよね。

 

特に毎日月曜日から金曜日まで一生懸命働いているビジネスパーソンの方々。

 

朝夕の満員電車で、すでに疲れて、家に帰って勉強、ちょっと今日は休みたい。。。

 

そんな日誰だってありますよね。

 

今日は、疲れても簡単に学習する方法をお話しします!

 

 

音源を使う!でもただ聞き流すだけではNG!

 

一時期、「ただ英語を聞くだけで英語耳に!」みたいなのが結構巷でははやっていましたよね!

 

この【ただ聞き流すだけ】のリスニング方法も、きちんとやり方をつかめば、楽して英語脳を習得することがじつはできます!

※もちろんこの聞き流すだけではだめですが。。。。

 

用意していただくアイテムは、英語の音源のみ!!!

 

ただ、ここで聞いていただく音源には条件があります。

 

すでにしっかりと中身がわかっている音源に限ります!

 

では、ここから具体的にどうやって学習していくのかを説明していきます。

 

 

以前すでに内容をしっかりと把握できている音源を学習音源として使用する理由

 

「なんですでに内容がわかっている音源を使って勉強して効果があるの?」

 

そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は「内容がしっかりとわかっている音源だからこそ」意味があるんです。

 

英語の音源を聞くときに、「何を言っているのかわからない英語」を聞いたところで、無意味な音の連なりを聞くだけです。

 

英語のリスニングの学習で大切なのは「英語を頭から意味理解していくこと」なのです。

 

内容がわかっている音源だからこそ、「この単語なんだ?」「この構文はどういう意味だ?」とならず、正確な内容そのものにフォーカスできるのです。

 

音源を聞く際の注意点

 

音源を聞くときに、内容がわかっているものである必要があるのですが、いくつか音源を選ぶ際に気を付けていただきたい点があります。

 

①リスニングの教材の2割程度が自分ではまだ使いきれない単語を占めている事

 

リスニング教材は、ある程度内容が濃いものを選ぶといいでしょう。

※例えば「海洋プラスティック問題について」や「南極大陸の氷の融解量」などテーマが決まっているもの。

 

ある程度テーマの決まった内容を聞くことで、内容がよりイメージでき、話の流れもつかみやすいですし、単語の定着につながります。

 

知っている単語と、使える単語は、イコールではありません。

 

音源で「知っている単語」を「実際に自分でも使える単語」に変えるには、何度も聞いて、本来の意味イメージを固める必要があります。

 

まだ自分で使い切れていない単語こそ、このリスニング練習をなんども行い、「意味の定着化」を図ります。

 

 

②教材用のスクリプトよりも、実際のニュースや本物のネイティブが話している教材を使うとよりいい

 

教材用のスクリプトはどうしても聞き取りやすく整えられている場合が多いです。

 

しかし、実際のニュース(例えばVOAやCNN、BBC等)を聞くと、自然にネイティブが発するようないい直しの表現が起きているので、ネイティブが話した時のヒアリングに強くなります。

 

この時に気を付けたいのが、上記でも何度も述べていますが「内容がしっかりと把握できているもの」である必要があります。

 

つまり、「ここなんて言っているの?」とか「この単語の意味ってなんだっけ?」とならない状態のスクリプトが好まれます。

 

③ある程度長い節(チャンク)で話しているものが好まれる。

 

なぜかというと、このリスニングの勉強の目的は2つあるからです。

 

1:単語と構文の自動化(定着)

2:返り読みの改善

 

1の単語と構文の自動化とは、しっかりと単語や言い回しを何度も聞き、何度も頭でシュミレーションをすることで、「知っている単語やフレーズ」から、「自分で使える単語やフレーズ」にすることです。

 

2の返り読みの改善とは、「英語を英語のまま理解できるようにする」ための練習です。

 

日本語は言うまでもなく、英語の構文とはまったく異なります。

 

つまり、英語をきれいな日本語で考えること自体が「英語脳」から遠ざかってしまう要因となるのです。

 

ここで、しっかりと内容をわかっているスクリプトを使ってもらうための理由があります。

 

しっかりと内容を把握することで、SVをしっかりととり、チャンクで一気に内容を把握していく感覚を身につけていくのです。

 

1日1日の努力が、かならず英語の成長につながります。

 

仕事で英語をどうしても習得しなくてはならないビジネスパーソンのかたが当校の生徒さんの9割です。

 

お仕事も忙しいのに、英語の学習をしなくてはならい。。。大変ですよね。

 

でも、その頑張りは必ず今後のご自身の財産となるはずです。

 

グローバル化が進む中で、「英語がしゃべれないがために」挑戦したいプロジェクトに参加できない。

 

そんなことだって起こりえます。

 

今後英語を使ってグローバルに活躍したい!と思われているビジネスパーソンの方が、短期間で効率的に英語をしゃべるための学習法を身につけたい!そう思われている方に、ピッタリのスクールです!

 

無料体験では、現在のレベルチェックと皆さんの現在のレベルにあった学習法をお伝えすることも可能です。

 

「英語を勉強したいけど、なにからはじめたらいいのかわからない」

 

そんな風に思っている方がいらっしゃれば、一度お問合せ下さいませ。

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております<(_ _)>

 

まとめ

さて、今回は【英語をどうしても勉強がしたくない日のお勧めの勉強法。】をお話しましたが、いかがでしたか?

もしあなたが英語をしゃべれるようになりたい!だから行動を起こしたい!と思われた方はここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加