英語の数字がどうしても聞き取れない!を解決する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Language Boostの講師、谷口です。

前回の記事【脳をだまして、英語習得をしよう(筋肉編)】でも予告しましたが、第15回目は、【英語の数字が聞こえない!を解決する方法】お話しをします。


前回、前々回に渡って、いかに私たちの身体を有効活用して勉強を進めるかについて、お話をしました。

 

今回は、英語の数字の聞き取りについてお話をしていきます!

 

意外と難しいですよね。。。

 

 上司が外国人だったり、海外のプロジェクトに携わっている方は、会議で頻繁に耳にすると思います。 

 

「この数字さえわかれば」

 

そんなシーンも今まであったのではないでしょうか?

 

会議では意外と専門的な用語が把握できればわかったりなんてことがあっても、この数字の聞き取りは結構苦戦するかと思います。

 

そして間違いが許されない立場の方であればなおさら、 数字だけでも正確に把握しておきたい 、そんな気持ちになったこともあったのではないでしょうか?

 

 

この聞き取りができないせいで、ウィークリーやマンスリーミーティングが苦痛だったりしてませんか?

 

私が通訳をやっていたときの先輩が教えてくれた【数字をうまく聞き取る練習とそのコツ】を紹介したいと思います。

 

英語の数字で注目すべきはカンマ!

 

たぶん皆さん数字を0~99まで読んだり聞いたりってところまではある程度英語に慣れている人なら、特に問題ないかと思います。

 

問題はその後ですよね?

 

企業の会議で出てくる数字って、0~99ってことはまず無いと思うので。

 

私も数字が多い会議の時の、通訳の際の数字の書き取りにはとても苦労しました。

 

そもそも何で英語を聞き取ることに難しさを感じるのか?

 

それは、日本語で考える数字と、英語で考える数字の区切り方が異なるから。

 

私たち日本人がが数字を見るときに、あまりカンマって気にしないですよね?

 

日本での数字の考え方は「一・十・百・千・万・十万・百万・千万・・・と四桁区切り。

 

それに対して 英語は大きな数字を読むときは3桁区切り、つまりカンマで区切ります。 

 

どういうことかというと。

 

1,000 → one thousand
1,000,000 → one million
1,000,000,000 → one  billion
1,000,000,000,000 → one trillion

 

ですので、この区切りの感覚をまず覚えることで、大きな数字になっても、カンマを先に書き取りをすれば音を逃さないです。

 

例えば、

3,421,000の場合、three millionと聞こえたら、【3、 、  】と書き取り、

 

four hundred twenty-one thousandと聞こえたら【3,421、 】と書き足し特に後に続く数字が無ければ、そのままゼロを付け足してもつけたなさなくても、カンマがあればわかりますよね?

 

実際の練習方法【クイックアンドレスポンス】

 

何事も最初は大変で、たとえ桁数の少ない数字だとしても、すぐにそれを理解するのも苦戦するかと思います。

 

私もそうでした。なので、上で言ったカンマの方法とかそんな余裕ないし!ってことになると思います。

 

 そこで、この数字の聞き取りを早急に解決したいとも割れているのであれば、ぜひ【クイックアンドレスポンス】の練習をしてみください! 

 

どうやるのかというと、とっても簡単です!!

 

①:数字が日本語もしくは英語で流れてくるので、英語もしくは日本語でなるべく早く答える。

②:これをとにかく繰り返す。

③:①②のステップを繰り返す

 

地味ですね、でもこれが一番効果的です。

 

数字のクイックレスポンスの本が市販でも売っているのでそれを使ってぜひ練習してみてください。

 

私が実際に使っていて、通訳の先輩方も使っていた本↓

 

数字は英会話学習とはまったく別物と考えて訓練する必要があります

 

 そしてこの訓練は一度身につけば、体に定着するので、ある一定期間練習を続けることをオススメします。 

 

早急にリスニングだけでも伸ばしたい

 

リスニングの強化は、英語を伸ばすうえでの基盤です。

 

当校のプログラムは最短2か月で必ず聞こえるを実感していただけるプログラムとなっていますので、一度短期で一気に英語を鍛えたいと思われているビジネスパーソンにピッタリのコースとなっています。

 

その基盤ができれば、会議でとりあえず言っていることがわかる。

 

英語の数字のリスニングは訓練次第で2ヵ月で伸ばすことはとても簡単です。

 

現在早急に英語を伸ばさないといけないような方のための短期のコース(60-DAY-CHALLENGE)をご活用下さい。→詳しい60-DAY-CHALLEGEの詳細はこちら

 

当校の生徒さんの口コミはこちら

当校の生徒さんのインタビューはこちら

 

まとめ

さて、今回は「英語の数字がどうしても聞き取れない!を解決する方法」でしたがいかがでしたか?

英会話習得に少しでも興味があるというかたはこちらのコースがおススメですので、ぜひ読んでみてください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

☆☆☆お勧め記事☆☆☆

会議で出てくる英語の数字がわかるようになる方法をお話しします!

勉強すると脳は成長し変化する!

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~①目標の設定~

シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~②実際にPDCAを回していく~


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目3-2
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加