英語のスモールトークは意外と難しい:伸ばすコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

214回目のブログは、【英語のスモールトークは意外と難しい:伸ばすコツは?】のお話をしようと思います!


ビジネスの英語を一生懸命学習しているのに、なかなかネイティブとのスモールトーク(雑談)がうまくできないという話はよく聞きます。

 

実はモールトークって意外と難しいんです。

 

なぜかというと、範囲がとても広大だからです。

 

映画の話や、趣味の話、好きなスポーツの話など、しっかりとその分野の単語や背景を知らないとわからなかったりするからです。

 

スモールトークはできないけど、意外とビジネスではうまく英語が伝わるし、わかるという現象はそういった理由が大きいです。

 

なぜなら、あなたはそのプロジェクトについてよく知っているし、単語もなじみがあるので、ある程度内容が予測できるのです。

 

もしあなたがビジネスで英語を活用したいと思っているのであれば、まずはビジネス英語から入るのがいいでしょう。

 

ビジネス英語はシンプルでわかりやすい表現が多い

 

ビジネス英語は簡潔にしっかりとわかりやすく伝わる表現が多いです。

 

なのであなたの思っていることや英語の基礎を鍛えるのに学習効率がとてもいいです。

 

ビジネス英語を通して英語のベースを鍛えれば、後はどんどん応用を利かせていくだけです。

 

「ビジネス英語なんてまだまだ先だ」と思っている方は、とてももったいないです。

 

あなたの英語の学習を促進させるカギは、実はビジネス英語の学習に潜んでいます。

 

効率的に英語学習をされたいという方は一度ビジネス用の教材を使って学習することをお勧めします(TOEIC教材等)。

 

スモールトークを鍛えたければ、自分の分野から始めてみるのもいい

 

スモールトークを自然と行うための練習として自分の得意な分野から始めるのもいいと思います。

 

最近見た映画とか、本や、最近行った旅行先などの話をしてみるのです。

 

そうすると、自分が言えない表現や単語が見えてきます。

 

大切なのがわからなかった単語や表現をそのあとにしっかりと調べることです。

 

これでほとんどの場合、その単語を忘れることがないです。

 

とにかく使って、学習していくことです。

 

スモールトークも結局は英語の基礎がないとできない

 

スモールトークといっても「英会話」という点では、ビジネス英会話とも変わりはありません。

 

しっかりとした基礎があればそこまで難しくないのです。

 

難しさを感じているのであれば、「課題」がそこに隠れているはずです。

 

その課題をしっかりと見つめることで、必ず解決の糸口がそこにあるはずです。

 

もし現在あなたの英会話における<課題>がわからないという方は、当校の無料体験レッスンにお越しください。学習アプローチをアドバイスさせていただくことも可能です☆

まとめ

さて、今回は「シリーズ:60日で英語を習得するためのメソッド~①目標の設定~」でしたがいかがでしたか?

英会話習得に少しでも興味があるというかたはこちらのコースがおススメですので、ぜひ読んでみてください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

一度体験レッスン受けたいと思われた方、完全予約制ですので予約をお願いいたします。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加