最短でリスニングを伸ばす方法:忙しい方はこの方法で学習してみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

185回目のブログは、【最短でリスニングを伸ばす方法:忙しい方はこの方法で学習してみては?】のお話をしようと思います!


 

「英文を読んだりすることは得意なんだけど、なかなかリスニングを伸ばすことができない。」

 

そんな風に実感したことはありますか?

 

例えば、私が初めて留学した高校生のころ、ホストファミリーが高速で英語を話しているようで、単語は拾えるけど、まったく何を言っているのかわからないという経験をしました。

 

ただこれも1週間2週間と、時間を追うごとに慣れてきます。

 

この留学をすると英語に「なれる」感覚。

 

この感覚を留学しなくても、日本国内で身につけることは可能です。

 

場合によっては、留学している人よりも早く習得できることもあります。

 

今回は当校で実際に活用している<リスニング強化方法>をご紹介したいと思います!

 

まずは、単語動詞が文章になった際の「音の変化」のルールを理解する

 

英語は単語が複数個つながると、音が変化することがあります。

 

そしてこの【音の変化(リエゾン)】に慣れていないと、ネイティブの英語が高速に聞こえるという現象が起きます。

 

このリエゾンとは、単語をそのまま読む場合には発音されない、文章の中の2つの単語がつながりあうときに発生する発音の変化です。

 

例えば、get out は単語だけで読むと、ゲットアウトだと思います。

 

でも実際ネイティブがget outをゲラウトと発音するケースがほとんどです。

 

このように音の変化をきちんと認識しているのと、していないとでは聞き取れる音の幅がかなり異なってきます。

 

この音を聞こえるようになる最短ルートは、音を理解し、自ら発音できるようになることが鍵です。

 

この音の変化をきちんと発音できるようになることで、”スピーキング”力だけでなく、”リスニング”力も劇的に向上させることが可能です。

 

逆にいうと、この音の変化を認識していないと、特にリスニングにおいては、かなりの英語の勉強の時間を費やす必要が出てきます。

 

シャドーイングを効率的に学習に取り入れる

 

シャドーイングは、一度英語を勉強したことがある方なら、耳にしたことがあるかと思います。

 

シャドーイングはその名の通り、音に「影のようになって」追っていく練習です。

 

この練習は、リエゾンに慣れるためのとてもいい練習になります。

 

しかも、しゃべる練習なので、体が正確な英語の単語の発音や構文を自然と強化することも可能です。

 

しかし、シャドーイングも、ただ音を追って英語をリピートしても効率的な効果を出すことは難しいです。

 

ポイントは「リエゾン」を意識しつつ、本来は何と言っているのかをきちんと落とし込み、シャドーイングすると効果的です。

 

何を言っているのかわからないただの英文の影を追っても、英語力そのものを上げることは難しいです。

 

ただシャドーイング練習はやり方を変えれば何通りも練習方法はあり、それぞれのレベルにあったやり方で練習することが好ましいでしょう。

 

ディクテーションは細かな音の変化が聞き取れるようになる

 

何度聞いてもわからない英文にあなたは出会ったことがありますか?

 

もしあるのであれば、このディクテーション練習をすることをお勧めします。

 

聞こえないということは、何か原因が必ずあります。

 

これを探ることができるのがディクテーション練習です。

 

ディクテーションは、聞こえた音を書き取り作業です。

 

ただディクテーションの練習はそのあとが大切です。

 

ディクテーションで書きとった英文を、ネイティブと全く同じように発音できるようにする必要があります。

 

ここで気負付けなくてはならないのが、ただの音真似にならないこと。

 

きちんとどんな「リエゾン」が起こっているのかを理解して練習するといいです。

 

そうすることで、正しい音をきちんと再現できるようになり、リスニングもぐっと上がるでしょう。

 

英語の発音を侮ってはいけない

 

確かに幼少期に英語に触れる機会がないと、ネイティブと同じような発音になることは難しいでしょう。

 

しかし、きちんとした練習を行えば、ネイティブが聞き取りやすい発音にすることは可能です。

 

そして聞き取りやすい発音は、必ず自分のリスニングにつながります。

 

もしあなたが最短でリスニングを伸ばしたいと思っているのであれば、自分のスピーキングに目を向けた練習を行うことで効率的にリスニングを向上させることが可能です。

 

まとめ

さて、今回は【最短でリスニングを伸ばす方法:忙しい方はこの方法で学習してみては?】をお話しましたが、いかがでしたか?

もしあなたが伝わる英語を効率よく学習したいと思われたのなら、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加