意外とできていない、英語を伸ばすための最強の勉強法とは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Language Boostの講師、谷口です。

第106回目のブログは、【意外と見落とす英語を伸ばすための最強のヒントは?!】をお話しします!


生徒さんで最初は全く英語ができないのに、とてつもなく英語が伸びる人がいます。

その人たちにはある『共通点』があります。今回はこの共通点をお話ししたいと思います。

今回のお話は今後英語を学習するだけでなく、何かを習得する際に役に立つかもしれないので

ぜひ参考にしてみてください。

■習慣化してしまう

英語が伸びる人は、一気に『頑張らない』です。

淡々と日々のこなすように学習をします。

毎日30分~1時間確実に集中して勉強をする時間を確保しています。

これは意外と簡単なようで、とても難しいです。

1日に一気に頑張るよりも、毎日の生活に英語学習を取り入れ、1日30分勉強したほうが英語の知識や英語をしゃべるための筋肉が定着します。

■英語の筋肉もきちんと毎日使わないと、しゃべりにくくなってしまう。

日本語を話すときの筋肉と英語を話すときの筋肉は異なります。

毎日『正しい』英語の音読を行うと英語のスピーキングが強化される一つの理由はこの【筋肉が鍛えられる】からです。

特に現在カタカナ読みになってしまっている方は、きちんとした英語の発音をトレーニング長時間すると舌やこめかみが痛くなります。

それは、英語の発音に体の筋肉が慣れていないからです。

つまり、日々の10分15分の練習は、英語を音読するだけでも、鍛えることができ、英語をしゃべるための基盤を作ることができます。

英語がきちんと伸びる人は、きちんと英語をただしゃべるだけの量重視の練習ではなく、音やイントネーションを気にした丁寧な練習をこなしてきます。

■英語がだんだん好きになる

これが実は一番大切なことかもしれません。

学習を通じて、英語が好きになったという方は皆さん英語が伸びています。

これは、きちんと伸びたという実感があったのもあるかと思いますが、

習慣化され、英語の基礎ができることで、英語を読んだりしゃべったりすることが苦痛ではなくなったからだと思います。

英語が読めるようになれば、たくさんの記事をインターネットで見ることができます。

自分の興味のある情報を英語で探すこともできます。

今まで話しかけれなかった外国人の同僚や、上司に積極的に話せるようになります。

そうすれば、英語が好きになるのその先の、英語を使うことが普通のことになっているでしょう。

■Language Boostでのトレーニングで確実に英語の基礎を作る

Language Boostの宿題の量は、少なくはないです。

ただ、こなせない課題量を出すことは絶対にありません。

一人一人の生徒さんが今必要な課題にアプローチした宿題の内容を提供しています。

それを一つ一つこなしていくことで、自分でも気づかないうちに英語を聞くだけでなくしゃべれる基礎を作っていきます。

あまり英語に費やす時間がないという方は、60日コースで確実に英語のベースを作ることもできます。

学習内容に興味のある方は、LanguageBoostの無料体験授業にお越しくださいませ☆

まとめ

さて、今回は【意外とできていない、英語を伸ばすための最強の勉強法とは?!】をお話しましたが、いかがでしたか?

英語のスピーキングやリスニング力を60日で底上げしたいと思った方は、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加