シャドーイングは英語の上達に役立つの?やり方によって効果が違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Language Boostの講師、谷口です。

第112回目のブログは、【シャドーイングは英語の上達に役立つの?やり方によって効果が違う!】をお話しします!


英語を学習したことがあるの人なら、一度は聞いたことがあるかと思います。

シャドーイングは、やろうと思えば何通りもの練習方法がありありますし、伸ばしたい能力によってやり方を変えればとても効果的な練習となります。

今回は主に2つのシャドーイング方法をご紹介したいと思います。

①つめは、【発音改善に活用できるシャドーイング方法】

②つ目は、【英語を英語で理解する癖を作るためのシャドーイング方法】です。

発音改善に活用できるシャドーイング方法

シャドーイングは発音を改善するのに大変活用できます。

やはり、自分で発音できない=ネイティブが言っても聞き取れない音なのです。

簡単に言うと、そのネイティブが言っている聞き取れない音を、きちんと再現できるようにする練習がシャドーイングです。

この発音改善のためのシャドーイングを行うには、正しい発音をきちんと理解するすることが大変重要になります。

間違った方法でシャドーイングをしてしまうと、間違った音で体に定着してしまうのです。

もしご自身でシャドーイングの練習をするのであればご自身で録音することをお勧めします。

自分の今まで気づかなかった【落としている音】や【ネイティブと異なる音】を見つけることができるかと思います。

■英語を英語で理解する癖を作るためのシャドーイング方法

こちらの方法は、きちんと英語で意味をとらえていくように練習することが重要となります。

英語を英語で理解するということは、聞いてくる英語をがちがちの日本語訳にせず、イメージで内容をとらえていくということです。

ですので、このシャドーイングを実施する際はきちんと内容を理解してから実施することが大変重要な点です。

文法的な理解、前置詞のイメージ、主語述語のイメージをきちんと固め、行う必要があるためかなり脳に負担がかかります。

ただこの練習を行うことで強制的に脳内で日本語訳する癖をなくすことができます。

英語を英語でアウトプット・インプットできることで、リスニング力がぐっと上がります。

■Language Boostでは今のあなたに必要なシャドーイング方法を提供し、効果的に英語力を伸ばします

皆さん英語の課題はそれぞれです。ある人は発音が障害となりリスニングができていない方、文法的な理解力が足らず、リスニング時に単語でしかリスニングができない方。

シャドーイングは目的を明確にすることで、大変効果的な英語習得法です。

ただ間違ったやり方でやってしまうと逆効果となってしまうので、もしシャドーイングのやり方を一度体験してみたいと思われた方はぜひ一度体験レッスンにお越しください。

シャドーイングの感覚を1回のレッスンでも身につけることができますよ!

まとめ

さて、今回は【シャドーイングは英語の上達に役立つの?やり方によって効果が違う!】をお話しましたが、いかがでしたか?

自分に適した効果的なシャドーイングの方法を学びたいと思った方は、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加