シャドーイングは発音矯正と文法強化の効果もあります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、Language Boostの講師、谷口です。

第100回目のブログは、【シャドーイングは発音矯正と文法強化の効果もあります!】をお話しします!


今日はシャドーイングの話をしたいと思います。

まず初めにシャドーイングをすることで得られる効果は

① 発音矯正

② ①で発音矯正されることで音の変化に慣れるので、リスニング力が上がる

③ 文法力が上がる※③の文法力が上がる理由の詳細は以下で話します。

では①~③を順にお話ししていこうと思います。

■シャドーイングが発音矯正にいい理由

まずはシャドーイングを聞いたことがない人に【シャドーイングとは何か?】をお話ししたいと思います。

シャドーイングとは、英語の音声を聞いて聞こえた音をその音声とは少し遅れて音の真似をすることです。

このトレーニングは実際に通訳者の方たちも取り入れている練習方法のひとつです。

シャドーイングを行う上で大切な点がいくつかあります。

1.使う教材が現在のあなたにあったレベルの教材であること

2.内容(単語等)・文法の理解をシャドーイングの前に理解していること

3.どんな目的をもってシャドーイングをしているのかを自分で認識すること

シャドーイングはただ意味もなく行うよりも、上記の3点をきちんと意識することで

最大の効果を得ることができます。

特に3の【どんな目的を持ってシャドーイングを実施するのか】で、シャドーイングのやり方

が異なります。シャドーイングの細かい話に関してはまた改めてお話ししようかと思います。

もし今手元にネイティブのCD付きのあなたのレベルにあった教材(内容がきちんと把握できているもの)があれば

ぜひシャドーイングをやってみてください!

もしスムーズに言えない箇所や言いにくさを感じる箇所があるのであれば、そこにあなたの弱点が隠されています!

■シャドーイングはリスニング力を上げることもできる

シャドーイングを実際にやってみると、英語の聞こえない音の条件を見つけることができます。

英語を聞いた時に【聞こえない理由】は以下のようなものがあげられます。

1.単語(前置詞のイメージや動詞句の認識含む)そのものの発音を正しく認識していない

2.音の変化に気づいていない

英文を見ると簡単に理解できるのに、どうしてもヒアリングができないという人は

上記の2つのことが原因であることが多いです。

単語を覚えるときには、きちんと発音も正しく覚えることが大切です。

きちんと【使える英語】を身につけるのであれば、必須事項です。

2の音の変化については、規則性があります。

この規則性を理解し、体に定着させることで、音の変化にも耐性ができるので

すんなりと英語が聞こえる耳を作ることが可能です。

基本的に聞こえない音≠言えない音です。

もしうまく発音できないもしくは言えなくても聞こえる音は、昔から

よく聞いていた、脳がきちんと音と意味の解釈の一致が瞬時にできているからだと思われます。

この【音】と【脳で解釈している意味】の一致を強制的に矯正することができる練習がシャドーイングです。

強制的に音をアウトプットしていくことで、脳が【音】→【意味】→【理解】のプロセスのスピードを上げていきます。

つまり、英語を聞いた時に瞬時に理解できるようなプロセスを作ることができるのです。

■シャドーイングで文法力が上がる?

通訳学校に行っていたときに、文法の学習方法についての話がありました。

現役で通訳をしていた講師の先生は【文法書を読んでいても文法力が上がるわけではないので、基本的な文法知識がついたら極端な話本を丸暗記したほうがよっぽど文法の勉強になる】とおっしゃっていました。

確かに、文法的な理解ができても【使えない】と意味がないと思います。

ですのでシャドーイングできちんと意味を理解し、それをアウトプットしていけば

①発音の矯正もでき、②文法的な理解の定着が必要な個所もシャドーイングでカバーすることができます。

文法の理解はもちろん大切ですが、ある程度基礎ができたらそれを積極的にアウトプットしていくことが重要です。

■Language Boostで取り入れているのはシャドーイングだけではありません

Language Boostはシャドーイングで発音の矯正をしたうえで、学習したフレーズをきちんと長期的な記憶に変えるためのレッスンも取り入れています。

長期的な記憶に変えることで、英語がスムーズに出てくるプロセスを体に定着させます。

それにより、英語でアウトプットする際の瞬発力を鍛えます。

生徒さんがよくおっしゃるのは【こんなに簡単に英語のフレーズって頭に残るものなんですね!】とおっしゃっていました。

英語のやり方を変えることで、長期的に英語のフレーズを正しい発音で体に定着させることは可能です。

そしてこのフレーズを積み重ねることによって、英語での表現力を向上させることができます。

まとめ

さて、今回は【シャドーイングは発音矯正と文法強化の効果もあります!】をお話しましたが、いかがでしたか?

シャドーイングの練習を学習に取り入れたいと思ってい方は、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加