ビジネスパーソンが英語を勉強する上で気をつけなくては行けない事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、講師の谷口です。

前回の記事でも予告しましたが、第60回目のブログは、【英語を勉強する上でビジネスパーソンが気をつけなくては行けない事をお話しします!


お盆休みも近いですね!

皆さん、お仕事忙しいかもしれませんが、あと少しでお休みです!

暑くて毎日大変でしょうががんばっていきましょう!!

今日はたくさんの英語を見たり聞いたりするときに気をつけたいことをお話します。

つい英語を学習すると、たくさん聞いてたくさん読めば何とかなるだろう!と勉強される方がいますが、効率的な学習という面においてはあまり効果的ではありません。

今回は、効果的に学習する上でのヒントも踏まえ、たくさんの英語を見たり聞いたりするときに気をつけたいことをお話します。

■英語を学習する上でとにかく聞きまくることはいいのか?

まったく聞かないより、いいと思います。

英語を学習する上でたくさんのトピックの内容の英語の音源を聞くことはとても大切です。

しかし、きちんと意味まで落とし込まないと、今のレベルから効率よく英語を伸ばしていく際にはあまり効率的ではありません。

大切なのは、何が聞き取れないのか?そしてなぜ聞き取れないのかを分析することです。

分析してやっと、どんな対策をしていくべきかが見えてきます。

ですので、たった一文でも、わからないことがわかり、そこを改善できれば、闇雲にだらだら英語を聞くより、英語を伸ばすという面ではとても効率的です。

英語を独学で勉強されている方は特に、集中して細かい音を聞き取る練習をしてください。

■様々なジャンルの内容を教材として選ぶのは英語力を伸ばすのに効率的か?

あなたのなぜ英語を習得したいのか?の目的が明確であれば、その目的にあった教材を選ぶのが一番です。

例えばあなたの専門分野を今後活かしながらビジネスで英語を使って生きたいのであれば、ビジネスの教材+あなたの専門分野の記事を使うのが適しているといえます。

専門用語は、英語をしゃべる能力とは異なります。

専門用語は専門用語で学習する必要があります。

しかしビジネスで英語を使用していきたいのであれば、ビジネス教材を使うことで【シンプルに論理的に英語を理解し話す能力】がつきます。

ビジネス教材を使って、英語の底上げをし、あなたの専門分野は別の教材で語彙力を増やしていくのが効率的といえます。

■語彙力をつけるという面では、とても効果的

日本語もそうですが、語彙力を伸ばすのに一番最適なのは読書だと思います。

英語もそうで、たくさんの英語を読めば、表現や語彙力が増えます。

もしあなたの興味のあるジャンルがあるのであれば、ぜひそれを英語で検索して記事を読んでみてください。

自分の興味がある分野は、あなたに既に知識が日本語であるので、比較的簡単に読めたりします。

闇雲に英語を読むよりは、自分の専門分野や好きなジャンルを読んで見てください。

そして、その時にぜひ声に出して読んでみてください。突っかかったりなかなか読めないところは、あなたの弱点である可能性が高いです。

単語の発音がわからなかったら、ぜひGoogleで検索して音声をきちんと確認して再現してみてくださいね!

■Language Boostは効率的にあなたの英語力を底上げします

Language Boostは一人ひとりにパーソナルトレーナーがつき、あなたの弱点を見つけ、改善点を提供し、英語学習のサポートをします。

一人ではなかなか見つけられないあなたの英語の癖や、弱点を見つけることが、最短ルートで学習できる方法です。

効率的に最短で英語習得をされたいと思われた方は、ぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

まとめ

さて、今回は【ビジネスパーソンが英語を勉強する上で気をつけなくては行けない事】をお話しましたが、いかがでしたか?

効率的に英語を習得したいと思われた方は、ここをぜひ読んでみてください!

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加