お父さんが英語の勉強をすると、子どもは自然とその英語を吸収する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

182回目のブログは、【お父さんが英語の勉強をすると、子どもは自然と英語を吸収している。】のお話をしようと思います!


 

以前5歳時のお子さんに英語を教えたことがあったのですが、5歳の驚異的な脳の吸収力にとても驚きました。

 

とってもかわいいその5歳の女の子は、英語がとにかく大好きなようで、お母さんに頼みこみ、そこの英会話学習に通っていました。

 

そこのスクールは、教室に一歩入ったら英語のみ。

 

みんな各々に好きなことを英語で話しています。

 

支離滅裂な子もいれば、大人も驚くほどきれいな発音でどんどん英語で話しかけてくる子もいます。

 

で、その女の子は私におもちゃの朝ごはんを渡してくれました。

 

「か、かわいい」

 

これはなんていうの?あれはなんて英語で言えばいいの?とバンバン聞いてきます。

 

そしてとてもきれいな英語で再現し、レッスンが終わるころになってもきちんとその単語を記憶していました。

 

感動しました。

 

ここの英語の宿題をしていると、子どものほうが覚えるんですよ(笑)

 

なぜビジネスパーソン向けのスクールなのに、5歳の女の子のお話をしたのかというと、先日こんなコメントをいただきました。

 

「週末英語を僕が勉強していると、となりで遊んでると思っていた自分の息子が、お父さんそこは521(five-two-one)だよ!」といったそうです。

 

これ、すごくないですか?

 

その子は別に英語を勉強したこともないのに、そのあともfive-two-oneを叫びながら走り回っていたそうです。

 

よく、両親が読書をする家庭はそのご家庭のお子さんたちもよく本を読むなんて聞きますが、子どもって周りのことを見て内容で、かなりガン見、ガン聞きしていますね。

 

子どもの集中力は、環境を作ると鍛えられるのかも?

 

集中力って学習をすることにおいても、仕事をすることにおいてもとっても大切ですよね。

 

私自身「集中すること」を覚えたのは、中学生のころだったと思います。

 

私の中学には朝の20分間、読書の時間がありました。

 

この20分間、最初は苦痛でした。

 

中学校に上がったころ、あまり読書自体好きでもなかったし、ましては朝からあんまり本読みたくないなーって思ったりして。

 

でも2週間くらいたったころ、当時の担当の先生に「これだったら楽しく読めると思うよ!」と渡された本がとっても楽しかったんです!

 

本を好きになってからこの20分があっというまで、そのあと狂ったように本を読んだ時期がありました。

 

そしてあの20分間のもう一つ好きだった点が、みんなで一緒に読書するということでした。

 

みんながそれぞれ、好きないろんな本を読んでる、各自集中しているあの空間がとても好きでした。

 

きっと子どもも、携帯が鳴っていない、TVの音がついていない、お父さん、お母さんが何かに集中している、その空間がきっと好きなはずです。

 

だからfive-two-oneと言って走り回っていた子は英語もその流れで覚えちゃったのかなーなんて、思いました。(なんの根拠もないですが)

 

子どもも大人も集中力のカギは、習慣化

 

今年、オーストラリアのパースに友人の家に行った際に、8人くらいの子どもがいました。

 

毎日土曜日は近所の子どもが集まって、みんなで2時間勉強するんです。

 

私、子どものころそんな集中力なかったと思います。

 

でも、これは多分習慣化でみんな2時間集中して、各々勉強しているんです。

 

英語のスペルチェックとか、宿題のやり方を教えてほしいとのことで、ちょっと一緒にその空間にいたんですが、私が当時20分の読書の時間の時に感じた「心地よさ」を感じました。

 

これは、みんな楽しんでいるな、と。

 

そのあとみんなでベランダに出て、天体の勉強をしました。

(天体については私は何にもしらないので、子どもたちのプレゼンを聞きました)

 

きっと勉強ではなく、毎日の「習慣」になってしまえば、大人も子どもも勉強はもはや「勉強」ではなくなるのかもしれないです。

 

当校は習慣化に基づいたメソッドを使った学習プログラムです

 

英語を効果的、効率的に習得する上で、毎日の英語の学習は必須です。

 

つまり、英語の学習を習慣化することで、より早くより効率的に英語を習得できるということです。

 

この【習慣化】することって、習慣化するまでが結構大変です。

 

習慣化するということは、業務をなるべく単純化する必要があります。

 

シンプルであればシンプルであるほど、習慣化はしやすいです。

 

当校の宿題はなるべくこの【習慣化】ができやすい課題を提供しています。

 

もちろん毎回題材や、集中するやり方は異なります。

 

その人の成長に合わせて、そこは変えていきます。効率的に英語を伸ばすために。

 

もし英語の学習を習慣化されたいと思われたなら、一度無料体験にお越し下さいませ。

 

どのように学習を習慣化するのか、アドバイスさせていただくことも可能です!

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております<(_ _)>

 

まとめ

さて、今回【お父さんが英語の勉強をすると、子どもは自然とその英語を吸収している。】をお話しましたが、いかがでしたか?

60日間短期集中で確実に英語の基礎力を上げ英語脳を身につけたいと思っている方はここをぜひ読んでみてください。

Language Boostは、英語を本気で延ばしたいと思っている方をサポートし、【英語脳】にする英会話教室です。

次回は、【未定】をお話したいと思います。


浦和駅から徒歩5分、ビジネスパーソン向けの英会話教室【Language Boost】
■営業時間:7時~10時、14時~20時(最終クラス受付20時)
■住所:さいたま市浦和区東仲町7-16
■e-mail:
languageboost2018@gmail.com
■最短60日でビジネスパーソンを英語脳にするプログラム:
https://languageboost.jp/about/
■確実に【英語脳】にする3つのレベルコース詳細:
https://languageboost.jp/services/
■ご質問やお問い合わせ:
080-6789-9595

  • このエントリーをはてなブックマークに追加